MENU

なんとなくな社内報運用をやめる-社内報の目的・目標設計の方法論-

開催概要

昨今、新型コロナウイルスの影響に伴い、リモートワークの導入によるコミュニケーション不足を補うため、社内報の需要が高まってきています。

データによると日本企業の8割以上が社内報を運用しているものの、これまで多くの企業の社内報制作に携わった経験から

  • そもそも目的を明確にした上で進められていない
  • 「反響がいい記事」「書きやすい記事」などにコンテンツが偏ってしまう
  • 目的が達成できているか明確に数値で振り返れないため、効果がわかりづらい

といった課題を抱え、社内報の運用目的を見失ってしまうことが多々見受けられます。

そこで本ウェビナーでは、web社内報サービス「ourly」を運営する弊社が、「なんとなくな社内報運用をやめる」をテーマに、効果的な社内報の目的、目標設計の方法論についてお伝します。

2021年9月29日に開催したWEBセミナーと、内容が被る部分がございます。予めご了承ください。

こんな方におすすめ

  • 社内報の運用目的や目標設計が分からない、定まっていない
  • 社内報の運用方法に悩んでいる、なんとなく運用してしまっている
  • 社内報の目的は定まっているものの、効果や反応が見えず、達成できているか分からない

内容

  • 社内報の目的を見失ってしまう要因
  • 社内報の3つの目的について
  • 目的ごとの目標設計方法

備考

日時:2022年7月13日(水) 13:00 ~ 14:00
参加費:無料
会場:WEBセミナー(Zoom:カメラ・マイクオフでご参加いただけます。)

登壇者

ourly株式会社 プロダクトセールス
吉房 寛詠

新卒でourly株式会社に入社。学生時代には、スタートアップ企業にてローカルビジネスに特化したWebマーケティング事業に従事。ourlyでは、セールスを中心にコンテンツマーケティング(ourly Magazine)、オンラインセミナーの運営に取り組んでいる。社内外問わず、幅広くコンテンツ作成に関わっており、ライティング技術と企画力が強み。

お申し込みはこちら >

お申込みはこちら