MENU

そのパーパス、作っただけで終わっていませんか?パーパス・マネジメントの著者と語る個人と会社の「パーパスの重なり」を最大化し、共鳴を生む方法

開催概要

組織をより強くするためには、メンバーが同じベクトルを向いている状態にすることが重要です。
このように、会社全体と社員が共通の目的・目標意識を持つことで、エンゲージメントを向上させることができるのです。

しかし、近年の新型コロナウイルス拡大によって、多くの企業が理念の浸透や社員同士のコミュニケーション方法を模索しており、強い組織づくりに苦戦しています。

エンゲージメントを向上させる重要な施策の1つとして挙げられるのが「パーパス経営」です。
これに関して、下記のような悩みを抱える企業様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

  • パーパス経営に必要なことは何か
  • 社員に個人のパーパスを見つけてもらうにはどうしたらよいか
  • 会社のパーパスの作り方・伝え方・共鳴してもらうにはどうしたらよいか
  • 社員のエンゲージメントを向上したいけど、どうしたらよいかわからない

本セミナーでは、コンサルティング会社として、パーパスを実現するための組織開発をサポートしているアイディール・リーダーズ株式会社様をお招きいたします。

登壇者には、アイディール・リーダーズ株式会社の共同創業者/CHOである丹羽真理様をゲストにお迎えし「エンゲージメントを向上させるパーパス経営」についてお話しいただきます。

こんな方におすすめ

  • 社員のエンゲージメント向上に悩む人事担当者
  • 組織を強くするパーパス経営の方法を知りたい
  • 理念を策定したもののその後の施策に悩んでいる経営企画・経営者

内容

時間内容
13:00~13:10イントロダクション・会社紹介
13:10~13:45パネルディスカッション
13:45~13:50質疑応答
13:50~13:55アンケート回答

備考

日時:2022年12月6日(火) 13:00 ~ 14:00

参加費:無料

参加資格:どなたでもご参加いただけます!

会場:ウェビナー(zoom:カメラ・マイクオフで参加いただけます)

登壇者

Ideal leaders株式会社 共同創業者/CHO (Chief Happiness Officer)
丹羽 真理

国際基督教大学卒業、University of Sussex大学院にてMSc取得後、株式会社野村総合研究所に入社。

民間企業及び公共セクター向けのコンサルティング、人事部ダイバーシティ推進担当等を経て、社内ベンチャーIDELEA(イデリア)に参画。

2015年4月、アイディール・リーダーズ株式会社を設立し、CHO (Chief Happiness Officer) に就任。
社員のハピネス向上をミッションとするリーダー「CHO」を日本で広めることを目指している。

ウェルビーイング向上プロジェクト、経営者やビジネスリーダー向けのエグゼクティブ・コーチング、Purposeを再構築するプロジェクト等の実績多数。

特定非営利活動法人ACE理事。

2018年にはウェルビーイング経営・働きがい向上に関する書籍「パーパス・マネジメントー社員の幸せを大切にする経営」を出版。

ourly株式会社 執行役員/CMO
飯野 希

新卒で大手メーカーに入社。ユーザビリティエンジニアとして、HCDの啓蒙活動を行う。

ビットエー入社後は、AI特化型webメディア『Ledge.ai』の立ち上げや、AI開発部隊の立ち上げを行い、その部隊をレッジとして子会社化。執行役員に就任し、事業を推進。

2020年7月からビットエーのourly事業部へ転籍。 webメディア運用のノウハウと、データを元とした組織改善が強み。

お申し込みはこちら >

ご予約はこちらから