MENU

スキルマップ(スキルマトリックス)とは | スキル管理ツールおすすめ6選の紹介【見える化】

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ourly トップバナー

スキルマップとはその会社で必要となる業務を明確にし、従業員一人ひとりの業務上必要となるスキルのレベルを一覧にした表です。

リモートワークが一般化し、社員間のコミュニケーションが減っているなかで、いかに従業員の持つスキルや人間性を可視化するかが重要視されています。

そこで記事では、従業員の技能を見える化して管理するスキルマップの解説とスキル管理ツールの紹介をします。

目次

スキルマップとは

スキル

そもそも業務上におけるスキルとは、仕事をする上で必要となるビジネス能力を意味します。ビジネス能力には、コミュニケーション能力やプロジェクトマネジメント能力、エクセル・パワーポイントのスキルといった所属する会社や業界を問わず必要となる能力や、資格やある特定の知識など、その業界や職種の専門性のある能力などが含まれています。

これらの能力をまとめてスキルと言い、仕事の経験を積んだり、勉強をしたりしてスキルを磨くことで仕事のスピードや質を高められるのです。そのため、スキルの向上はお客様により満足いただける商品やサービスを提供するためには欠かせません。

あわせて読みたい
チームマネジメントとは?必要な理由や身につけたいスキル・成功のポイントを解説 チームマネジメントは、組織のコミュニケーションを活発化させることはもちろん、少子化で人手不足が進む昨今において、離職率を低下させるためにも重要な役割を担って...

スキルマップ(スキルマトリックス)

スキルマップとは、その会社で必要となる業務を明確にし、従業員一人ひとりの業務上必要となるスキルのレベルを一覧にした表を指します。縦軸に業務上必要となるスキルを細かく示し、横軸に従業員の名前を記載して、従業員一人ひとりがそれぞれのスキルでどのくらいのレベルに達しているかということを一覧にします。

スキルマップを作成することで、従業員一人ひとりのスキルレベルを一挙に把握できることはもちろん、会社全体で足りているスキルと足りていないスキルを把握し、全体的に足りていないスキルを研修や採用などで補うといった施策ができるようになります。

また、スキルマップは海外ではSkills Matrixの呼称が一般的です。国内でもスキルマップの他に技量マップや力量管理表などと呼ばれることがあります。

スキル管理ツール

スキル管理とは、会社に所属する従業員一人ひとりのスキルをデータで管理し、一覧にして一目でわかるような形で可視化することを言います。スキル管理をすることで、従業員がすでに身に付けているスキルとまだ身に付いていないスキルを第三者が把握できるようになります。

また、スキル管理ツールを使用して従業員が持っているスキルを把握することで、適切な人材配置や業務分担ができるようになり、業務効率を向上させることも可能です。さらに、会社全体で不足しているスキルを明確化できるため、採用活動をする際にどのようなスキルを持っている人材を採用するべきかということがわかります。

先ほど解説したスキルマップはスキル管理ツールに含まれています。

スキルマップ作成のメリットとデメリット

メリット

スキルマップを作成することには以下のメリットがあります。

  • 業務を効率化できる
  • 適切な方法で人材育成ができる
  • 公平な評価ができる

スキルマップを作成することで従業員一人ひとりが持っているスキルが明確になるため、適切な人材配置が可能になり業務の効率化が可能になります。

また、それぞれの従業員が業務を遂行する上で足りていないスキルも把握できるため、足りていないスキルを補うための研修や学習など、適切な方法で人材育成ができるようになります。

さらに、従業員それぞれが持っているスキルを定量的に示すことで、公平な評価もできるようになります。スキルの評価を上げるための項目が明確になるため、従業員にとってもモチベーションが上がるでしょう。

あわせて読みたい
人事考課とは?人事評価との違い・導入メリット・注意点やポイント 人事考課は、社員を正しく評価し、組織人として成長してもらうために欠かせない制度です。 一方、 「人事評価との違いが分からず、明確な運用ができていない…」 「上司...
あわせて読みたい
働きがいは考え抜かれた「人事評価制度」にあり?ナイルが「働きがいのある会社」ランキングに7年連続ラ... 「働きがい」というのは、一朝一夕に作れるものではなく、中長期的に作っていくもの。そんな「働きがい」をずっと評価されている会社はどんな体制を作っているのだろう...

デメリット

スキルマップを作成することにはデメリットもあります。

  • スキルの設定に時間がかかる
  • 不満を持つ社員が現れる

スキルマップを作成する際、業務内容とそれぞれの業務に必要なスキルを細かく洗い出す必要があります。細かく洗い出した上でスキルの項目を設定するためスキルマップの作成は時間がかかるでしょう。また、スキル毎にレベル分けをする必要があるため、レベルに応じた達成度合いも明確にする必要があります。

さらに、スキルマップは第三者から自分のレベルを判定されるため、自分のスキルレベルの判定に不満を持つ従業員が現れる可能性があります。不満を持つ従業員の仕事へのモチベーションを著しく低下させないように、判定方法を事前に明示しておくことが大切です。

あわせて読みたい
従業員満足度(ES)とは? 向上させる8つの方法と業績との関係、成功事例を解説 少子高齢化や人材の流動性の高まりに伴い、従業員一人一人の生産性の向上や優秀人材の確保は企業の喫緊の課題です。 その課題を解決する要素として、「従業員満足度(Em...

スキルマップ作成の手順

スキルマップの目的の明確化

スキルマップを作成するにあたって、最初にスキルマップを活用する目的を明確化します。初めに目的を設定しておくことで、その目的を達成するためのスキルの項目やスキルレベルの達成度を適切に設定できるようになります。

一方でスキルマップを作成する際に目的が不明確のまま進めると、自社の成長に必要なスキル項目が洗い出されず、従業員と会社が成長するために必要な施策を打ち出せなくなってしまいます。そのため、スキルマップを作成するときは、最初に目的や目指す方向性を明確にする必要があります。

スキルマップの項目・階層の設定

スキルマップの目的が明確になったら、スキルマップの項目と階層を設定します。項目と階層を設定する際のポイントは、最初に網羅的に必要なスキルの項目を洗い出すことです。必要なスキルの項目をすべて洗い出した後に必要のない項目を削除したり、階層分けをしたりします。

また、スキルマップの項目と階層の設定は、今後の従業員と会社の成長に大きく影響するため慎重におこないましょう。

スキルレベルと基準の設定する

スキルマップの項目・階層を設定したら、スキルレベルと基準の設定をします。スキルレベルは3〜6段階で細かく設定し、スキルレベル毎に具体的かつわかりやすい基準を設定すると良いでしょう。基準をあいまいな表現にしてしまうと、実際に従業員のスキルを判定するときに、判定者によって基準の認識が異なってしまう可能性があります。

スキルレベルと基準を具体的かつわかりやすく設定しておくことで、公平な判定が可能になり、人材配置や評価をするのに役立ちます。

テスト導入とそのフィードバックの反映

スキルレベルと基準を設定したら、テスト導入を実施し、そのフィードバックを反映させます。テスト導入は全社ではなく社内の一部で実施するのが良いでしょう。社内の一部でテスト導入し、実施後にアンケートやインタビューをして不満や修正点などのフィードバックをスキルマップに反映させます。

このようなテストを繰り返し不満や改善点を潰していくことで、少しずつ自社にフィットしたスキルマップになります。

マニュアルの作成

スキルマップのテスト導入を実施しフィードバックを反映させ、運用方法や方向性が固まってきたらスキルマップのマニュアルを作成します。マニュアルにはスキルマップの目的や使用方法、スキルの判定基準などを記載します。また、スキルマップを活用することで目指したい会社や従業員の姿、現状抱えている課題などをマニュアルに記載しておくことで、よりスキルマップの重要性が伝わるでしょう。

スキルマップのマニュアルを作成するときは実施に運用する方の立場になって、わかりやすく記載することでスムーズな運用が可能になります。

スキルマップの導入・実施

ここまでの過程を経て、マニュアルが完成したらいよいよスキルマップの導入・実施をします。スキルマップを導入する際、最初に運用する方に向けて研修を実施するとマニュアルだけでは伝わり切らない細かい運用方法まで伝えることができます。

スキルマップの導入後は必要に応じて改善と修正をしていくことが大切です。都度従業員からフィードバックを受けて、より自社にフィットしたスキルマップを作成していきます。

スキル管理ツールおすすめ6選の紹介

ourly profile

ourly profile(アワリープロフィール)は、個人のプロフィール機能や組織図機能などにより、組織のサイロ化を解消する社内コラボレーション創出ツールです。

3つの大きな特徴により、リモートワーク下でも部署を超えた相互理解やスキル管理を実現します。

  • 人となりが一目でわかる自己紹介画面
  • 独自の探索機能により、思いがけない出会いを創出
  • 組織図により、チーム・部署を超えて組織を理解できる

社員名などの基本的な検索機能に加え、所属部署や役職、Q&Aの回答項目などさまざまなセグメントでメンバーを絞り込むことができます。

それにより「この人こんなスキルを持ってたんだ!」「プロジェクトで行き詰まったから同じような経験ある人にアドバイスをもらおう」など、これまでになかった”開かれたスキル管理”を社内で実現します。

料金については、従業員規模に応じて幅広くご用意しております。詳しくはサービスページをご覧ください。

『ourly profile』サービスページはこちら

SKILL NOTE

SKILL NOTEは、スキルだけでなく教育や資格の情報も見える化することで、育成計画の作成や計画の進捗管理、分析などを実施できるスキル管理ツールです。主に製造業や建設工事業の企業が導入しており、現場で働く従業員のスキルを徹底的に管理して現場の強化や技術の向上させます。

さらに、従業員の資格の有効期限切れや資格不足などの管理もできるため、品質と安全性の保証にもつながります。

SKILL NOTEはお客様にあった料金プランを提供しているため、具体的な費用感などに関して興味をお持ちの方はぜひ公式HPよりお問い合わせください。

公式サービスページ:https://www.skillnote.jp/

COCOREPO

COCOREPOは、スマホアプリのような操作感で、楽しさと使いやすさを追求したスキル管理ツールです。全社員のスキルデータを5段階で評価します。また、データの管理やレベルアップシステムなどの機能が搭載されています。さらに、顔写真アップロード機能も搭載されているため、一目で特定の従業員のスキルデータを判別することが可能です。導入する際は打ち合わせは不要ですぐに運用開始できます。

COCOREPOの料金プランは下記の通りです。

  • ライト(31人〜100人):月額19,000円
  • スタンダード(101人〜300人):月額36,000円
  • エンタープライズ(301人以上):月額90円/人

導入を検討する際は無料デモが実施可能となっております。

COCOREPO公式サービスページ:https://cocorepo.jp/index.html

HRBrain

HRBrainは、従業員のスキルデータの管理や分析が可能で、さらに組織診断やタレントマネジメントまでをワンストップで実施できるスキル管理ツールです。HRBrainには、人事評価や従業員のスキルデータを管理できるタレントマネジメントクラウドや、組織と従業員の課題を明確にして施策実行を実現する従業員エクスペリエンスクラウド、人事評価をシンプルで簡単にする人事評価クラウドなどがあります。

HRBrainの料金は下記の通りです。

  • 11人〜30人の企業:月額69,800円
  • 51人〜100人の企業:月額69,800円〜約100,000円

オプションを追加することで料金が変動します。

HRBrainは無料トライアルが実施可能となっています。

公式サービスページ:https://www.hrbrain.jp/

スキルナビ

スキルナビとは、従業員一人ひとりの基本情報やスキル、目標などを一括で管理できるスキル管理ツールです。システムへは従業員自身が入力し、入力された内容についてマネージャーが進捗確認・フィードバックをする仕組みになっています。また、最初から搭載されている機能が充実しておりスキルナビを導入している96%の企業がノーカスタマイズで運用しています。さらに、入社希望者の管理や面接・選考管理などの採用支援もできるため大変便利なツールとなっております。

スキルナビの料金については、登録人数により変動するためお問い合わせをして確認する必要があります。また、無料トライアルは実施可能となっています。

公式サービスページ:https://www.101s.co.jp/

厚生労働省

スキル管理ツールではありませんが、厚生労働省が無料で利用可能なキャリアマップ、職業能力評価シート及び導入・活用マニュアルを公開しています。業種ごとにキャリアマップや職業能力評価シートが分けられており、それぞれの業種に応じたシートで管理ができるようになっています。

システムではないため入力や管理、分析は手動でする必要がありますが、完全無料であるため、スキル管理ツールの導入を検討しており、試しに使用してみたい企業にとっては有効活用できるでしょう。

また、業種ごとに導入・活用マニュアルがダウンロードできるようになっているため、導入方法や活用方法に迷わず使用可能です。

厚生労働省公式サービスページ:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000093584.html

まとめ

本記事は従業員のスキルを見える化して管理するスキルマップについての解説とスキル管理ツールの紹介をしました。

スキルマップを会社に導入することで、業務が効率化したり、適切な方法での人材育成が可能になったり、公平な評価ができるようになったりするなど、たくさんのメリットがあります。また、スキル管理ツールは異なる特徴や機能を持ったサービスが多数存在するため、自社に合ったツールを選びましょう。

スキルマップの導入を検討されている方は、ぜひ本記事を参考にしてスキルマップを導入し、業務や人事の改善に取り組んでみてはいかがでしょうか?

社内コミュニケーションでお困りごとはありませんか?

効果の見えづらい社内施策にお困りではありませんか?

ourly(アワリー)は、従業員の組織関心度を可視化できるweb社内報CMSです。
データを基に、理念や企業文化の浸透を着実に実現します。

ourly ボトムバナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ourlyのメディア担当。12年間のサッカー経験を活かして前職ではスポーツメディアの運営に携わる。その経験を活かしてourlyのメディア担当としてourly Mag.とourlyの成長に全力コミット中。

目次
閉じる