1on1ミーティングとは?進め方や目的、そのまま使えるアジェンダと導入事例

ourly トップバナー

大企業からベンチャー企業まで、1on1ミーティングを導入している企業はたくさんあります。例えば、Yahoo!(ヤフー)は、2012年から1on1ミーティングを実施しており、書籍化されているほど有名です。

この記事では、1on1ミーティングの目的から、設計プロセス、成功のポイントを解説します。

目次

1on1ミーティングとは?

1on1ミーティング”とは、定期的に、上司と部下で行う面談です。基本的には、上司が1on1ミーティング設計の中心となって、実施されます。

目的としては、信頼関係の構築や、戦略・施策の浸透など、多様に設計できます。

1on1ミーティングのメリットは、主に5つ挙げられます。

  • さまざまな種類の目的達成のために設計できる
  • 上司と部下の信頼関係の構築できる
  • 上司のマネジメントを見つめ直せる
  • 部下のリアルな課題を把握できる
  • 部下のモチベーション管理ができる

反対に1on1ミーティングを行うデメリットも、3つ挙げられます。

  • 社員数に応じて時間を取られる
  • 設計を怠ると簡単に形骸化する
  • 1on1ミーティングの成果の測定がしづらい

1on1ミーティング注目の背景・必要性

昨今はVUCA時代と呼ばれ、将来への不確実性が高くなっています。そのため人材の流動化が進み、会社経営にも大きな影響を与えている現状です。

これからの会社経営には、社員と会社の信頼関係を構築し、社員の主体的な行動を引き出すことが大切でしょう。その手段として、1on1ミーティングなどの、社内向けの施策が注目されています。

VUCA時代、従業員エンゲージメントについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:VUCAとは?OODAフレームワークとビジネスリーダーのあり方、企業施策
関連記事:従業員エンゲージメントを高める方法は?日本の現状・効果・高い企業の事例を紹介

評価面談との違い

評価面談と1on1ミーティングでは、目的が異なります。

評価面談では、その名前の通り、上司が部下の評価を決め、今後の進退を決定することが目的です。

一方、1on1ミーティングは、評価が主な目的ではないことが多いです。例えば、上司と部下の信頼関係の構築や、戦略や企業文化の浸透など、対等な会話で目的の達成を目指します。

詳しくは次の章で解説しています。

1on1ミーティングの目的・アジェンダ

1on1ミーティングは、解決したい社内課題や、把握したい社内環境によって、自由に設計できます。目的と、それに対応するアジェンダを紹介していますので、設計の参考にしてみてください。

信頼関係の構築

1on1ミーティングの目的の1つ目は、「上司と部下の信頼関係構築」です。雑談に近い自由な会話で、相互理解を深め、信頼関係を構築しましょう。
信頼関係の構築には、相槌や姿勢、表情、声のトーンなど非言語の部分も大切です。

例えばこんな悩みのある組織で:

  • 部下が、上司のアドバイスや指示に従ってくれず、反抗的……
  • 部下が、上司への不満をためている
  • 上司と部下のコミュニケーションが少ない etc

アジェンダ例:

  • 好きな食べ物・スポーツについて
  • 気になるニュースについて
  • 最近の体調について
  • 仕事環境・人間関係について etc

仕事の進捗把握

1on1ミーティングは定期的に行うことが一般的なため、「仕事の進捗把握」の機会に使えます。把握と同時に、催促などの進捗管理も行いましょう。

例えばこんな悩みのある組織で:

  • 部下の仕事の進捗に不安がある
  • 部下の裁量権が大きい
  • スピーディーに進めたいプロジェクトである etc

アジェンダ例:

  • 次回ミーティングまでの目標設定と確認
  • プロジェクト全体の進捗・タイムラインについて
  • 仕事を進める上で障害となっていることについて etc

戦略や施策の浸透

代表や経営者での会議で決まった戦略などを浸透させたい時は、1人1人に対して個別に伝えることで、理解の確認や反応を見ることができるため、効果的です。正確な浸透で、企業文化の醸成にもつながります。

例えばこんな悩みのある組織で:

  • 多くのチームを持っている
  • 新しい戦略が浸透しない
  • 効果がでていない戦略がある
  • 部下と経営者の間で、戦略の解釈にズレを感じる etc

アジェンダ例:

  • 新しい戦略の設計背景や上司の意図について
  • 戦略の疑問点・不明点について
  • 既存の施策の効果や印象について etc

モチベーション確認&刺激

1on1ミーティングの1番の目的はこれかもしれません。社員によって、仕事に対するモチベーションに差があることは当然です。アジェンダも大切ですが、上司と1対1で話す機会そのものがモチベーションアップにつながる可能性は大きいです。部下の話したいことをしっかりと聞くようにしましょう。

例えばこんな悩みのある組織で:

  • 離職率が高い
  • 成果が出ていない
  • 若いメンバーが多い
  • 勤務態度が良くないメンバーがいる
  • 社員が成果の見えづらい仕事を行っている etc

アジェンダ例:

  • 不安なことについて
  • 今頑張っていることについて
  • 仕事で困っていることについて
  • 部下のキャリアビジョンについて
  • 部下の目標・仕事の目的について etc

目標設計と振り返り

上司と目標を設計し、共に振り返られることは、部下にとって貴重な成長機会となるでしょう。より成果を出せる組織を作るためにも、部下の成長に真摯に向き合ってみましょう。

例えばこんな悩みのある組織で:

  • メンバーの成長を感じない
  • もっと成果の出せるチームにしたい
  • 仕事の内容がシンプルで、メンバーのモチベーションが下がりがち etc

アジェンダ例:

  • 部下のキャリアビジョンについて
  • 仕事で困っていることについて
  • 最近の仕事内容について etc

1on1ミーティングの設計プロセス

1on1ミーティングをただの雑談で終わらせないために、かっちりと設計しましょう。

大切なのは、目的をベースに設計することです。目的に応じて、実際に話すテーマ(アジェンダ)や実施場所、態度、雰囲気まで明確に設計してみると良いでしょう。

(1)目的の明確化

まず初めに目的を明確にしましょう。数個の目的を設定して、アジェンダも数個用意すると、充実した1on1ミーティングになります。

(2)1on1ミーティング実施方法の設計

いつどこで誰と誰がどんな態度で、1on1ミーティングを行うのかについて決めましょう。

実際にたくさんの人と行う場合には、専用のシートテンプレート)を用意しておくと便利です。例えば、当社メンバーが所属していたエンジニアチームで使われていたシートでは、仕事の進捗管理や、目標設計と振り返りができるようになっていました。

(3)連絡と実施

日程調整を行い、実行しましょう。
毎回新たに日程調整を行うと負担が増えるため、「○週間に1度、○曜日○時~」というように決めておくと良いでしょう。

(4)継続

1on1ミーティングは継続しなくては意味がありません
特に現代は、変化が激しく将来が不確実で、部下の不安も蓄積しやすいでしょう。メンタル面の把握も含めて、風通しの良い会社を目指しましょう。

1on1ミーティング成功のポイント 

1on1ミーティングを導入した結果として、次のような問題が発生しがちです。

  • おしゃべりを楽しんで終わる
  • なんのために行っているのかわからなくなる
  • 1度の実施以来行われていない 

こうした事例の解決には、4つのポイントを抑えた設計を行うことで解決できるでしょう。

目的を明確にしておく 

なんのために1on1ミーティングを行うのか(目的)を、明確にしておきましょう。目的は主に次の5つです。

  • 信頼関係の構築
  • 仕事の進捗管理
  • 戦略や施策の浸透
  • モチベーションの確認・刺激
  • 目標設計と振り返り

1on1用のシートを作成する 

目的をもとにシートを準備し、部下の回答を入力しておきます。そうすることで、次回以降の1on1ミーティングにも役立つでしょう。特に仕事の管理と振り返りを行う際には有効です。

また、モチベーションやたわいもない会話を上司が覚えてくれていると、部下は嬉しいものです。より良い信頼関係を構築できるでしょう。

時間を設定する

時に1on1ミーティングは長引いてしまいます。時にそれは生産的でない、お喋りになってしまっていることもあるでしょう。各社員何分で終わらせるのかを決めておきましょう。

1on1ミーティングに乗り気でない部下も、時間が決められていれば少しは参加意欲が高まるはずです。

相手を主語にする

上司のアドバイスを与えるよりも、部下の主体的な行動を促すような1on1の行い方にしましょう。

日常的にPDCAを回せる社員は、成長速度が速いです。1on1ミーティングでもその癖をつけることを意識しましょう。具体的には、部下が話したいことを引き出し、課題を明確化させ、ネクストアクションを部下自身で出せるようにします。

1on1ミーティングの事例紹介3選 

1on1ミーティングで有名な企業を3つ紹介します。これから導入する方も、改善をしたい方も、これらの企業を参考にしてみてください。

ヤフー株式会社 

Yahoo! Japanなどを運営する大企業ヤフーは、2012年から1on1ミーティングを実施しています。

ヤフーの1on1ミーティングには1点目立つ特徴があります。それは1on1そのもののクオリティをあげる施策を行ってきたことです。具体的には、上司のコーチング研修部下からのフィードバックです。

1on1ミーティングを仕組み化し、その上で改善を続けていく着実な姿勢が見受けられます。結果としてヤフーは、変化した経営体制の浸透に成功しています。

グリー株式会社

ゲーム事業やメディア事業など幅広く展開するグリーも、1on1ミーティングで有名な会社です。1番の特徴は目標管理制度(MBO)をうまく運用している点でしょう。
社員の目標の達成度合いを5段階で評価し、定期的な1on1で上司からのフィードバックをもらったり、振り返ることのできる仕組みを作りました。

目標設計の振り返りは、社員の主体的な行動を促す上で重要であり、それを1on1ミーティングと結びあわせることで、確実に部下を育成できます。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社

ソフトバンクの連結子会社です。この会社が1on1ミーティングで達成していることは、風通しの良い会社の実現です。

業務的な管理だけでなく、部下の悩みまで上司が把握することを求められています。トップダウンとボトムアップの両立により、風通しの良さが実現されているのです。

社内課題解決ツール3選

ここまで、1on1ミーティングを行う際は、目的が大切だと述べてきました。しかし、それらの目的の達成に役立つツールは、実は他にも存在します。

有名なものを3つほど紹介します。「1on1ミーティングの継続は、自社に適していないかも…」と思う方も多いかもしれません。そんな方は、こちらのツールを参考にしてみてください。

社内報

社内報は信頼関係の構築や、モチベーションの刺激に有効なツールです。

紙版とWeb版のある社内報にできることは、現在とても幅広くなっています。例えば、Web版では様々な計測ができるようになったり、簡易的に幅広い情報を発信できるようになりました。

社内報やWeb社内報について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

関連記事:社内報とは?効果と一からの作り方、webと紙比較、企画ネタ34選!
関連記事:社内報の企画ネタ100選!テーマの探し方・コロナ禍、季節ごと(春夏秋冬)

ピアボーナス

ピアボーナスは、信頼関係の構築、戦略や施策の浸透、モチベーションの刺激に有効なツールです。

ピアボーナスとは、社員同士が互いの良い行いを評価し、ポイントやコイン、チップなどを付与する仕組みです。仕組みが定着すると、経営理念にそった社員の行動を促すことができます。その他にもモチベーションのアップなども期待できるでしょう。

関連記事:ピアボーナスとは?導入手順や効果、サービス紹介、導入事例を徹底解説!

タレントマネジメント

タレントマネジメントとは、従業員が持つ資質(=タレント)やスキルを最大限発揮できるよう、戦略的に人事マネジメントを行う取り組みのことを指します。人事領域において、とても大切な概念です。

関連記事:タレントマネジメントとは?メリットや導入ステップ、中小、大企業導入事例、他社システムを解説!

クレド

クレド(行動規範)として設定する項目を工夫することで、多様な目的を達成できるでしょう。また、設定しているだけでモチベーションの刺激が可能です。明確な行動規範は社員の会社での生活を支えるからです。

クレドとは、ラテン語で約束や信条を意味し、企業の社員全員に求められる信念や行動規範のことを指します。クレドは企業全体に共有され、社員はクレドを意識した行動が求められます。

関連記事:クレドとは?経営理念との違い・作成手順と導入方法・J&Jなど活用企業の事例

360度評価

これまでの人生で、評価方法に不満を持った経験は誰しもあるでしょう。この評価方法は、仕事の進捗把握や、信頼関係の構築社員のモチベーションの刺激に有効です。

360度評価とは、上司の他に同僚や部下などの複数の評価者が、対象者の評価を行う制度のことです。多面評価、360°サーベイとも呼ばれ、社内に限らず取引先や顧客にも評価してもらうこともあります。

関連記事:360度評価の効果は?成功事例・導入ポイント・メリット・デメリットを解説

1on1ミーティングを使いこなそう!

1on1ミーティングは社内課題を解決するためには、有効な手段の1つです。

上司・部下の両者にとって時間的なコストは伴いますが、部下の成長や貢献を引き出すことができます。目的の設定など、設計に時間をかけて、継続的に1on1ミーティングを行いましょう。

また、1on1ミーティングの他にも社内課題を解決する手段は存在します。様々なツールを上手に運用し、社員のエンゲージメントを高めみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ourly magazineのライティングを主に担当。
働くにあたって、自分も楽しみつつ会社も成長できるようなバランス感覚に興味を持ち、ourlyに参画。
純文学と歴史のある喫茶店が好き。おばあちゃんと猫に好かれやすい。

目次
閉じる