MENU

会社の人間関係に悩んでいる人必見!原因と解決に導く5つの方法を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ourly トップバナー

近年、会社の人間関係に悩み、ストレスを感じる人が多いと言われています。会社には年代や価値観の異なる人が集まるため、自分と合わない人がいるのは当然でしょう。人間関係に疲れ、会社を辞めたいと思うこともあるかもしれません。しかし、まずは今の会社での人間関係の悩みを解決する方法を探しましょう。

本記事では、会社の人間関係の悩みにはどのようなものがあるのか、また、なぜストレスを感じてしまうのか解説します。さらに解決に導く方法や、どうしても耐えられなくなったときに取るべき行動も紹介します。

目次

会社の人間関係に悩んでいる人はたくさんいる

厚生労働省が発表した資料「令和2年雇用動向調査結果の概況」によると、転職理由に「職場の人間関係が好ましくなかった」と挙げた割合は、男性で8.8%、女性で13.3%でした。

会社の人間関係に耐えられず、転職という具体的な行動に移した人だけで、これだけの割合を占めています。この数字を見る限り、転職に至らずとも会社の人間関係に悩みを抱える人が、潜在的に多いことは容易に想像できるでしょう。

会社で過ごす時間は、1日の大半を占めるものです。人間関係が良好でなければ、長時間・長期間にわたりストレスを受け続けます。深刻な悩みとなるのは当然の結果といえるでしょう。

(参照:「厚生労働省 令和2年雇用動向調査結果の概況」,<https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/dl/gaikyou.pdf>, 2022年7月閲覧)

会社でよくある人間関係の悩みとは?

人間関係の悩みの多くは上司や同僚など、近しい存在によりもたらされます。具体的には以下が挙げられます。

  • 上司に振り回される
  • パワハラ・セクハラ
  • 無視・いじめ
  • 嫉妬
  • 部下が言うことを聞かない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

上司に振り回される

マネジメントスキルが不足する上司の言動が、悩みの種となることも多いようです。「曖昧な指示」「気分によりムラがある」「高圧的な態度で部下を萎縮させる」といった、不適切な言動に部下が疲弊してしまうケースです。

こうした上司に振り回されることでストレスが溜まり、会社や仕事そのものに嫌気がさしてしまいます。

部下は上司に対して強く意見しにくい面があります。こうした上司と仕事を続ける場合、どちらかが異動・退職するまで、ストレスを溜め続けることになるでしょう。

パワハラ・セクハラ

パワーハラスメント・セクシャルハラスメントともに、被害者となった場合かなりのストレスを感じるものです。

セクハラの基準は「当人が不愉快に感じ業務に支障が出ている」状態を指すので、比較的、明確な判断が可能です。

しかし、パワハラは「業務の適切な範囲を超えているか」が基準となるため、正当な業務指導との境界線が分かりにくい側面があります。

パワハラは、職場の上下関係を背景におこなわれるものですが、昨今では部下から上司への「逆パワハラ」も問題になっています。

無視・いじめ

同僚からの無視やいじめにより孤立し、悩みを抱える人もいます。社会人どうしの人間関係において、無視やいじめは子どもじみているように思えますが、意外と多いようです。

会社は仕事をする場所であるため、プライベートな会話をしなくても問題は生じません。しかし、業務に必要なコミュニケーションが、正常にとれなくなることは問題です。

ストレスを感じるばかりか、業務に支障をきたし、ミスにつながるといった悪循環に陥ることもあるため、注意が必要です。

 嫉妬

なんとなく気に食わず、行動・言動すべてに文句を言いたくなる人がいたとします。それは相手に対する「嫉妬」が原因かもしれません。相手の優れた点に恐れを抱き、無意識に相手を下げることで自身の心の安定を図ろうとしている可能性があります。

もし、自分に対して同じような態度を示す人がいたら、同様に嫉妬をされているのかもしれません。嫉妬心は相手の優れた点を素直に認め、学ばせてもらおうという謙虚な気持ちになれば、自然と解消していくものです。

部下が言うことを聞かない

上司や先輩の立場になった際に、部下との接し方に悩む人も多いようです。指示した通りに動かない、勝手なことをするなど部下の言動に頭を悩ませてしまいます。

部下指導には、ある程度の技術や経験が必要です。こうしたスキルが不足したまま部下に接することで、空回りをしてしまうこともあるでしょう。

思うように部下と信頼関係を作れないでいると、担当するチームの成績にも悪影響が出てしまい、さらに悩みを深めてしまいます。

あわせて読みたい
部下とのコミュニケーションに役立つ5つの方法!メリットとNG行動も解説 部下とのコミュニケーションは、職場における信頼関係を深め、チームの業務効率を最適化する大切なスキルの一つです。 テレワークの長期化で、部下とのコミュニケーショ...

【資料】インナーコミュニケーション活性化ノウハウ ~ 事例集付き ~

インナー(社内)コミュニケーションの活性化は、組織にあった施策を適切に行い続けることで実現します。しかし、組織にあった施策を選ぶことは難しく、成果も見えづらいため、活性化に成功する企業は多くはありません。

そこで弊メディアでは、「活性化施策の一覧表」や「自社にあった施策の選び方」、「成功事例集」をまとめた資料を作成しました。

組織の離職率やエンゲージメントスコア、理念・文化の浸透にお悩みの方は是非ご覧ください。

なぜ会社の人間関係にストレスを感じるのか?

会社の人間関係にストレスを感じるのは、自身が嫌われないように気にしすぎることが原因の一つです。また、人間関係そのものが希薄であることも関係するでしょう。

会社の人間関係に友人のような関係性を求めることも、ストレスの原因になります。過度の期待はせず、割り切ることも必要です。

常に相手の顔色をうかがってしまうから

嫌われることを恐れるあまり、相手の顔色をうかがってばかりいることが、疲弊する原因です。「全員に好かれることは不可能」と割り切れば、気持ちが楽になるでしょう。

また、自分の意見や考えに自信がなく、相手の意見に流されることもストレスの要因です。その相手は、親身になって意見しているとは限りません。嫌われたくないと考えるあまり、自分の本心が貫けず悩みが深くなってしまいます。

ネガティブな態度や反応が出てしまうから

ネガティブさが表面に出てしまい、人間関係を悪くしていることも考えられます。自身の普段の発言や態度がネガティブだと、それに終始接する同僚は良い気分はしません。自然と敬遠されることで、さらにネガティブな感情に支配される悪循環に陥ってしまいます。

普段の人への接し方や態度が周りを不愉快にさせていないか、顧みる必要があります。もし、そうした傾向があれば、意識して変えなくてはなりません。

コミュニケーションが不足しているから

職場のコミュニケーションそのものが不足している場合も、ストレスの原因になってしまいます。コミュニケーションが不足する職場では、黙々と自身の仕事に没頭し、他人のことは我関せずといった態度に終始する人が多くなりがちです。

自然な雑談が発生することもなく、ひどい場合は業務に必要なやり取りすらおぼつかなくなる可能性もあります。意思疎通が滞ることによりミスや二度手間が発生し、職場の雰囲気がさらに悪くなることもあるでしょう。

あわせて読みたい
社内コミュニケーションの課題を徹底解説!原因や事例も紹介 社内コミュニケーションとは、主に仕事を通じた従業員間の意思疎通や情報共有を指します。 業務に必要な指示をはじめ、報告・連絡・相談から、業務には直接関連しない日...

会社の人間関係の悩みを解決する5つの方法

会社の人間関係で悩まないためには、過度の期待を捨てることが有効です。職場の同僚は友達ではありません。ある程度、ドライな感覚で接することが悩みを少なくするポイントです。

以下に、悩みを軽くする5つの方法を紹介します。

仕事と割り切る

「仕事上のつきあい」と割り切ることで、悩みを軽くできます。会社は仕事をして結果を出す場であり、プライベートな人間関係を作る場ではないと、意識して考えると良いでしょう。

挨拶やお礼の言葉など最低限の礼儀は示しつつ、相手のことには深入りしないようにします。業務に必要なコミュニケーションさえ確保できていれば、意外と仕事では困らないものです。

とらえ方を変える

職場のコミュニケーションに対する考え方を変えることも有効です。そもそも、相手には期待をしないことです。自分の思い通りにならない相手を変えることは、不可能であると考えれば、イライラすることも少なくなります。

人間関係の悩みにおいては、相手を変えようとするよりも、自分自身の気持ちを変えることの方が簡単です。意識して自身のとらえ方をコントロールできると、悩みを解消できます。

できる範囲でコミュニケーションを取る

職場の人間関係に無理は禁物です。最低限相手を不愉快にさせない程度に、できる範囲のコミュニケーションを心がけると良いでしょう。

笑顔で挨拶することや聞き上手に徹すること、相手を褒めたり感謝の気持ちを伝えたりすることを、できる範囲で取り組みます。笑顔で挨拶することで、相手も笑顔で接してくれるかもしれません。無理なく取り組むことで、自然と周囲の反応も変わってくるでしょう。

無理のない範囲で、懇親会などのコミュニケーションの機会に参加するのも良い方法です。普段の仕事では分からない、相手の良い面を知る機会になるかもしれません。

プライベートを楽しむ

プライベートを充実させることも良い方法です。趣味に没頭するあまり、他のことがあまり気にならないというような人もいます。こうした人は、趣味のために仕事があると考えているかもしれません。明確な目的意識があるため、職場の人間関係にもさほど関心を示さないものです。

そこまでではなくとも、休日や終業後に自分の楽しみの時間を持つことで、気持ちをリフレッシュできます。ヨガやジョギングなど軽く体を動かしたり、読書や映画・音楽鑑賞をしたりと、上手な気分転換の方法を身に着けると、ストレスを軽減できるでしょう。

自分に自信を持つ

自分を肯定し自信を持つことも大切です。良いところも悪いところも含めて自分自身を認めることで、他人のことが気にならなくなってきます。自分を肯定することは、相手を認めることにもつながります。自分と相手の違いを許容できるようになれば、気持ちが楽になるでしょう。

また孤立してしまった場合、逆境に負けない自分を評価するのも良い方法です。苦しい環境でも平常心を保ち、自然にふるまっている自分は称賛に値すると誇りましょう。

あわせて読みたい
自己効力感とは?自己肯定感との違いや5つの高める方法を解説 自己効力感とは、ある状況下において、結果をだすために適切な行動を選択し、目標を達成するための能力を自らが持っていると認識している状態を指します。 自己効力感を...

会社の人間関係に耐えられないときは

それでも会社の人間関係に耐えられないときは、心身の健康を害する前に、なんらかのアクションを起こすことが必要です。一人で抱え込まず、周囲に相談することも良い方法です。無駄に我慢せず、環境を変えることを考えても良いかもしれません。

相談する

誰かに相談することで気持ちが軽くなることもあります。身近な信頼できる人、例えば家族や友人に話すだけでも気分が落ち着くものです。

相談することで客観的なアドバイスがもらえるかもしれません。悩みが深いときは、視野が思いのほか狭くなっているものです。こうしたアドバイスが救いとなることもあるでしょう。

また、悩みが深刻な場合は、人事部などの会社の相談窓口を利用するのも一つの方法です。ハラスメントなど相手に非がある場合は、会社として対応してもらわなくてはなりません。

転職する

しかるべき窓口に相談しても解決が見込めなかったり、修復不可能なほどに人間関係が崩壊してしまったりした場合は、思い切って転職するのも一つの方法です。我慢をして会社にしがみつく価値はあるのかを、良く考えてみると良いでしょう。

無理をして心身の健康を損なってしまうことは避けたいものです。ひとまず、転職することで、人間関係はリセットできます。新たな環境でスキルを発揮できるかどうかは、その後の自分の頑張り次第です。

あわせて読みたい
パラレルキャリアとは?副業との違い・メリット・デメリット・始め方を紹介! 近年のさまざまな環境変化により、「パラレルキャリア」という考え方が注目を集めるようになりました。 パラレルキャリアは「本業と並行して、他の活動もする」という意...

社内に自分と合ったコミュニティーが見つかる ourly profile

ourly profile(アワリープロフィール)は、個人のプロフィール機能や組織図機能などにより、組織のサイロ化を解消する社内コラボレーション創出ツールです。

3つの大きな特徴により、リモートワーク下でも部署を超えた相互理解や社内のコミュニケーション活性化を実現します。

  • 人となりが一目でわかる自己紹介画面
  • 独自の探索機能により、思いがけない出会いを創出
  • 組織図により、チーム・部署を超えて組織を理解できる

顔写真や部署、役職などの基本的な項目以外に、強みや趣味、スキルなどが一目でわかりコミュニケーションのきっかけが生まれます。

また、全メンバーに共通のQ&Aを設定することができるので、部署・拠点・役職を超えたメンバー同士の相互理解促進にも役立ちます。

料金については、従業員規模に応じて幅広くご用意しております。詳しくはサービスページをご覧ください。

サービスページはこちら

自分一人で会社の人間関係を抱え込まないようにしよう

会社の人間関係において、もっとも良くないのは一人で悩みを抱え込んでしまうことです。その結果、人知れず辞めていく退職者を出すことは、会社にとっての大きな損失となるでしょう。

人間関係の悩みを生じさせないためには、職場のコミュニケーションを良好に保つことが求められます。会社は、自社の現状を知り、改善の施策を講じなくてはなりません。

昨今ではWeb社内報など、インナーコミュニケーションに好影響を与えるサービスも充実しています。導入を検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
社内コミュニケーションツール10選|選び方や注意点、無料ツールなど完全解説 社内コミュニケーションツールとは、社内SNSやビジネスチャットなど、社内の人間と会話するためのツールです。 この記事では、社内コミュニケーションの重要性や導入す...
社内コミュニケーションでお困りごとはありませんか?

効果の見えづらい社内施策にお困りではありませんか?

ourly(アワリー)は、従業員の組織関心度を可視化できるweb社内報CMSです。
データを基に、理念や企業文化の浸透を着実に実現します。

ourly ボトムバナー

予約受付中のイベント

ourly ボトムバナー セミナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Naohiro Sugiyamaのアバター Naohiro Sugiyama ourly株式会社 マーケティングチームメンバー

ourly magazineのライティングを主に担当。
働くにあたって、自分も楽しみつつ会社も成長できるようなバランス感覚に興味を持ち、ourlyに参画。
純文学と歴史のある喫茶店が好き。おばあちゃんと猫に好かれやすい。

目次
閉じる