クレドとは?経営理念との違い・作成手順と導入方法・J&Jなど活用企業の事例

クレドを取り入れる企業が近年増えています。似た言葉に経営理念やミッション、ビジョンなどがありますが、なぜクレドが注目されるようになったのでしょうか?

この記事ではそもそもクレドとは何か、クレドのメリットや作成・導入方法、活用事例などを解説していきます。

クレドとは

クレドとは、ラテン語で約束や信条を意味し、企業の社員全員に求められる信念や行動規範のことを指します。クレドは企業全体に共有され、社員はクレドを意識した行動が求められます。

似た言葉に経営理念やビジョンなどがありますが、正確には意味に違いがあります。以下で説明していきます。

経営理念との違い

クレドはより具体的で、普段の行動により関わるような行動指針といえます。

一方で経営理念はより抽象的で、創業当初から受け継がれていくようなものです。企業を経営する上での、大きな軸となるような信念のことを指し、社員の普段の行動に直接関わるとは言い難いです。

例えば、ニチレイフーズは企業コンセプト(経営理念)として「くらしに 笑顔を」を掲げています。一方で、行動指針(クレド)として「法と社会の秩序を守り、高い倫理観をもって行動します」などを挙げています。

(引用:ニチレイフーズ, 「企業コンセプト・ミッション・ビジョン」, <https://www.nichireifoods.co.jp/corporate/csr/vision.html>, 閲覧日2020年10月2日)

経営理念は抽象的であり、クレドはより具体的であることが例からもわかります。

関連記事:経営理念とは?意味や目的、メリットや作り方、有名企業の経営理念を紹介

その他類義語との比較

ミッションビジョンバリューなどもクレドの類義語に当たります。

まずミッションとは、企業の目的や使命、存在意義のことです。つまり企業が社会に対してどのように貢献していくか、どのような価値を与えるかなどを具体的に文章で表したものです。

次にビジョンとは、企業の目標やあるべき姿、方向性を述べたものです。ミッションがビジョンの前提となるため、ビジョンは単独では成り立ちません。またビジョンは全社員に共有されるべきもので、その共通認識が企業の一貫性につながります。

バリューもクレドの類義語であり、企業の価値観や、社員の判断の基準となるものです。多少の違いはありますが、企業によっては、バリューをクレドと同等に位置づけています。

それぞれ意味は非常に似ていますが、しっかりと使い分けられることが重要です。

関連記事:ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)とは?定義と活かし方、つくり方のポイント

クレドが求められる背景

クレドは近年注目され、その重要性はますます高まっています。では、なぜクレドが求められるようになったのか、その歴史的背景を見ていきましょう

不祥事件

クレドが求められるようになった1つの理由として、2000年代に相次いだ不祥事が挙げられます。

複数の海外大手企業が、不正により経営破綻しました。また、国内においても金融不祥事や食品偽造などが問題となり、企業の不正が注目されるようになりました。

その中で日本では、金融商品取引法、公益通報者保護法が制定され、企業の内部統制がより義務付けられました

このような時代背景の下、社員の法令遵守など、行動・意識改革に有効的なクレドが重要視されるようになったのです。

タイレノール事件

クレドの存在が、企業を救った事例にタイレノール事件があります。一般的に有名であったタイレノールという鎮痛剤を服用した人々が、突然死してしまった事件です。原因不明の事件でしたが、販売していた企業は社会からの信頼を一気に失ってしまいました。

しかし、当時その企業はクレドとして「消費者への責任」を持つことを全社員に意識させていました。そのクレドのおかげか、その企業は事件発生直後から、マスコミを通じて情報を包み隠さず発信しました。さらには商品の回収やその引き換え、再発防止に多大なる費用をつぎ込みました。

クレドによる迅速で適切な対応のおかげか、事件から数か月後には売上を以前の8割程度に戻したといわれています。

この事件は、クレドの重要性を世間に広める大きな機会となりました。

従業員エンゲージメントが低い

従業員エンゲージメントとは、社員の企業に対する理解や貢献意欲を指し、人口減少によって人材不足が懸念される日本において重要視されています

現状として日本企業の従業員エンゲージメントは高くはありません。また転職を肯定的にとらえる人々が増加傾向にあり、従業員エンゲージメントの向上はさらに重要になってくるでしょう。

クレドはその改善に役立つことが期待され、その点で注目されるようになりました。なぜクレドが従業員エンゲージメントの向上に効果的なのかは、次の章で述べたいと思います。

関連記事:従業員エンゲージメントを高める方法は?日本の現状・効果・高い企業の事例を紹介

クレド作成のメリット

ではクレドを作成することによるメリットとは、具体的に何があるのでしょうか? 以下で見ていきましょう。

社員への効果 

クレドを作成するメリットとして、社員に対するさまざまな効果が期待できます。

具体的には

  • 人材育成
  • 従業員エンゲージメントの向上
  • 判断基準の明確化

が考えられます。

人材育成

まずクレドは人材育成に役立つことが考えられます。クレドによってその企業でどのような意識で、どのようなことを重視するなど、行動する上での基準が明確になります。企業の考えに沿った社員の成長を促すことができ、企業内に一貫性が生まれることにもつながります。

従業員エンゲージメントの向上

先ほど、クレドが求められる背景として、従業員エンゲージメントが低いということを述べました。

クレドによって具体的に可視化された行動指針や信念は、社員が自主的に仕事を遂行することの手助けになります。仕事に主体性が生まれ、社員のモチベーションにつながり、それに伴い従業員エンゲージメントも高まるでしょう。

このように、クレドは従業員エンゲージメントの向上に役立つと考えられます。

関連記事:従業員エンゲージメントを高める方法は?日本の現状・効果・高い企業の事例を紹介

判断基準の明確化

クレドは企業理念とは違い、より実践的で具体的な行動指針です。

そのため日常業務を遂行する上で、クレドが判断や行動の指針となってくれます。業務の道しるべになるため、社員の仕事への迷いが減り、課題に直面した場合には、より迅速な解決をすることができます。

仕事の方向性が統一され、より一貫性のある企業になるでしょう。

企業への効果

クレドを作成することは、社員に対してのみならず、企業においてもメリットがあります。

具体的には

  • 他社との差別化
  • コンプライアンスの遵守

があります。

他社との差別化

クレドはその内容を社員のみに共有するのではなく、広く世間に公表することができます

クレドが企業の行動指針を世間に伝えるツールとなり、企業の強みや価値観について競合他社とのわかりやすい差別化をすることができます。

コンプライアンスの遵守

先に、クレドが求められる背景として、不祥事件が相次ぎ、法規制が厳しくなったことを述べました。

クレドは社員に求められる行動規範や信念を表します。それによって生まれる行動・意識の改善は、社員のコンプライアンス遵守に有効です。

各社員はより自主的に仕事に取り組めるようになり、その自主性がコンプライアンスを守るという責任へとつながります。

クレド導入の注意点

クレドの作成には、従業員エンゲージメントの向上やコンプライアンスの遵守など、さまざまなメリットがあることを説明してきました。

しかし、ただクレドを作成すれば良いというわけではなく、いくつか注意するべきことがあります

クレド作成自体が目的にならないこと

クレドは、企業全体に信念や行動規範を共有し、社員の行動・意識改革に役立てるものです。

そのため、クレドを作成することのみに注力し、社員の意思に合わない内容になってしまえば、クレドの効果を発揮することはできません。

クレドを作成することが目的とならないように注意しなければなりません。クレド作成後、それを企業全体に浸透させ、行動・意識改革をすることがクレドの重要な目的です。

会社全体の意見を取り入れること

クレドは作成後に社員全員で共有します。そのため、会社の上層部が一方的に作成したものや、偏った部署の意見ばかり取り入れたものは、反感を覚える社員が出てくるでしょう。

企業全体の意見に耳を傾け、誰もが納得できるクレドを作成することが、成功のカギを握ります。

クレドの作成手順

クレドを導入するときの注意点がわかった上で、具体的にクレドの作成手順を解説していきます

ステップ1 クレド作成チームを作る

クレド作成にあたり、まずは作成チームを作ります。全員が共感できるクレドを作成するために、さまざまな役職や部署の人をチームに入れると良いでしょう。

例えば、各部署から代表者を選ぶことにより、その代表者が各部署の意見をクレド作成チーム内で共有することができます。

ステップ2 クレド作成の計画を立てる

クレドの作成は企業全体が関わる計画であり、円滑で意味のある計画をする必要があります

幅広い部署や役職の人が関わる分、計画性が無ければ、議論に参加できる人が減るなど問題が発生すると考えられます。そのため、クレドが完成するまでの計画をしっかりと立てるべきです。

意味のあるクレドを作成するためには、全員の意見が議論に反映されることが重要です。そのためにも計画を立て、円滑なクレド作成を心掛ける必要があります。

ステップ3 理想の社員像、経営理念を調査する

アンケートなどを実施し、幅広い意見を取り入れることが大切です。

クレドは後に全社員の行動指針となるため、幅広い意見を取り入れることが重要でしょう。そのためアンケートなどによって、理想の社員像や、どのようなクレドが好まれるかを調査すると効果的です。

また経営陣から企業の将来像をヒアリングすることも効果的です。

ステップ4 クレドを作成する

アンケートやその他調査によって得た社員の意見や企業の将来像を基に、クレドを作成します。

クレドは具体的実践的であるからこそ、その意味を成します。そのため、抽象的な内容にはせず、社員が日常の業務から意識できるような内容にしましょう

ステップ5 導入方法を考え、共有する

クレド作成後は、それを全社員に共有します。企業によっては社内のみならず、世間に公表することも考えられます。各企業のクレド作成の目的に照らして、共有の規模は変わります。

全社員がクレドを認識し、いつでもクレドを確認できるような状態がよいでしょう。例えば、クレドを小さなカードとして全員に配ることが、簡単で効果的です。

ステップ6 改善・更新

クレドを作成し、社員に共有するだけではいけません。クレドは、その時その時の状況に合わせ、改善し更新することが重要です。

より具体的で実践的な内容を保つためにも、改善点やその時代に沿わない内容があれば、すぐに改善することが望まれます

クレド作成サービス紹介

クレドを実際に作成し、社員に浸透させられるかが不安な場合、クレド作成サービスを利用することもできます。

例えばMEDIA HOUSE GROUPは、ヒアリングや打ち合わせなどを通して、その企業のポリシーを導き出してくれます。さらにはその浸透方法や、作成・浸透になどに必要なツールを提供してくれます。

クレドを作成したが浸透しない企業や、そもそもクレドの作成がうまくいかない企業は、クレド作成サービスを利用するのも良いかもしれません。

しかし、社員同士で協力して時間をかけてクレドを作成したという過程が、社員のクレドに対する当事者意識などにつながるかもしれません。その点で、サービスを利用するにあたっても、注意しましょう。

クレドの導入方法

では実際にクレド作成後、どのような導入方法があるでしょうか。以下で紹介していきます。

社内報

社内報とは、企業に関するさまざまな情報を載せた冊子や、デジタル記事のことを指し、社員やその家族に向けて発行されます。

社内報にクレドを載せることによって、社員への浸透を図れます。また社内報は、企業のさまざまな情報を広く共有でき、社内のコミュニケーションの活性化にもつながります。

関連記事:社内報とは?効果と一からの作り方、紙とデジタル比較、企画ネタ34選!

クレドカード

クレドカードとは、クレドを記載したカードのことを指します。

カード化することにより、社員はいつでもどこでもクレドを確認することができます。また、一人ひとりに簡単に配布することができるため、共有しやすい点で優れています。

朝礼

毎朝、社員が集まる場として朝礼を行っている企業は少なくないかもしれません。

朝礼時にクレドを読み上げることは、社員にとってクレドをより意識することにつながります。毎朝クレドに触れることができるため、全員がクレドを暗記する程になるかもしれません。

朝礼が既に習慣となっている企業にとっては、すぐに取り組みやすい方法です。

メール 

近年はリモートワークやフレックスタイム制を取り入れている企業が増加しています。そのように毎朝全員が集まって朝礼を開くことが難しい企業は、社内SNSなどを利用し、社員全員にクレドを送ることができます。

しかし、毎日同じメールが来るとなると、見ない人が増えることが考えられます。その点で、クレド以外の内容を付け加えるなど、社員が見たくなるような工夫が必要です。

総会、理念共有会

総会理念共有会などを開き、経営者といった会社の上層部から、直接クレドを社員に伝えられるのは、説得力があり貴重な機会といえます。

クレド作成の背景や過程、さらには会社の未来像などを共に伝えられると、社員のクレドに対する想いがより強くなるでしょう。

しかし、総会や理念共有会は頻繁に開催できるわけではないため、他にクレドを毎日意識させるようなツールが必要かもしれません。

アプリ、サービス

クレドの浸透に悩む企業は、アプリによってその共有を促進することもできます。

例えば、THANKS GIFTという会社は、社内SNSをアプリ化して提供しています。社員は、アプリ内で同僚に感謝の言葉や、その気持ちをコインに置き換えて伝えることができます。このコインとクレドを連動して送付することによって、クレドの共有を図ることができます。

クレド導入の代表企業ジョンソンエンドジョンソンとザ・リッツ・カールトン

クレド導入の代表企業として、ジョンソンエンドジョンソンリッツ・カールトンが有名です。その2企業はどのようなクレドを掲げているのでしょうか?

以下で見ていきましょう。

ジョンソンエンドジョンソン事例

ジョンソンエンドジョンソンとは、1886年にアメリカで創業された医療品系の大手企業です。

多くの企業が経営理念やビジョン、ミッションなどを持ちます。しかし、ジョンソンエンドジョンソンは

我が信条(Our Credo)

(引用:ジョンソン・エンド・ジョンソン, 「『我が信条(Our Credo)』にまつわるエピソード」, <https://www.jnj.co.jp/about-jnj/our-credo>, 閲覧日2020年9月29日)

というクレドのみしか、会社を表現する肩書を持ちません

このクレドは1943年に、当時の社長であるロバート・ウッド・ジョンソンJrが考案しました。そして今もなお、「我が信条(Our Credo)」として社内に引き継がれています

その内容は、企業が持つ責任の優先順位を明記したものです。具体的には、顧客に対する責任が最も重要とされ、その後は社員、地域社会、株主の順に責任を持つとしています。先に述べましたが、タイレノール事件ではこのクレドが社員全体に浸透していたことが、迅速な問題解決につながりました。

クレド考案当時の社長は、「これに賛同できない人は他社で働いてくれて構わない。」や、「この文書の文言は時代の流れや会社発展にあわせて修正してよい。」と発言しました。20世紀前半からすでに、クレドに対し強い信念を持ち、そして柔軟な考えを持っていたことには驚きます。

(引用:ジョンソン・エンド・ジョンソン, 「『我が信条(Our Credo)』にまつわるエピソード」, <https://www.jnj.co.jp/about-jnj/our-credo>, 閲覧日2020年9月29日)

ザ・リッツ・カールトン事例

ザ・リッツ・カールトンとは、ホテルやリゾートなどを世界中で経営する会社です。

この会社は企業理念として

ゴールドスタンダード

を掲げ、その項目にクレドやモットーなどを記載しています。

また、クレドの具体的な内容として

お客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することをもっとも大切な使命とこころえています。

・最高のパーソナル・サービスと施設を提供することをお約束します。

(引用:ザ・リッツ・カールトン, 「企業理念『ゴールドスタンダード』」, <https://www.ritzcarlton.com/jp/about/gold-standards>, 閲覧日2020年9月29日)

など、顧客に対する企業の考えがより具体的に述べられています。

ザ・リッツ・カールトンは全世界の社員に対して、このクレドやモットーなど、企業理念が記載されたカードの携帯を義務づけています。クレドの浸透が、世界的に成功した要因のひとつかもしれません。

クレドの活用企業 

前章では、クレドが有名な2社を紹介しました。他にもクレドを活用している企業はいくつもあります。

今回は

  • 楽天
  • 小田急電鉄
  • ニチレイフーズ
  • グリー

のクレドの活用を見ていきます。

楽天

楽天は、インターネット通販事業を広く展開している会社です。全社員が把握し実行する価値観・行動指針として「楽天主義」を持ち、その項目の一つとして「成功のコンセプト」というクレドを掲げています。

クレドの内容には5つの項目があり、

・常に改善、常に前進

・Professionalismの徹底

・仮説→実行→検証→仕組化

・顧客満足の最大化

・スピード!!スピード!!スピード!!

(引用:楽天株式会社, 「楽天主義」, <https://corp.rakuten.co.jp/about/philosophy/principle/#success>, 閲覧日2020年9月29日 )

となっています。

簡潔かつ具体的にクレドを表現している点が特徴的です。

小田急電鉄

小田急電鉄は、都心と箱根を結ぶロマンスカーが有名な会社です。

ロマンスカーを含めた、小田急線の乗客数の減少をきっかけにクレドを作成しました。「ロマンスカークレド」と表され、その内容は

みんなが喜ぶロマンスカーにしていこう

(引用:日経ビジネス, 「【普通の社員を開花させる】小田急電鉄のロマンスカークレドの取り組み」, <https://special.nikkeibp.co.jp/atcl/NBO/18/bizreach/interview09/>, 閲覧日2020年9月29日)

というものです。

クレド作成以前は、お客様を第一に考える社員や社内のルールを厳守すれば良いと考える社員、またそもそもロマンスカーに興味がない社員など、社内の方向性がバラバラでした。

しかし、クレドをきっかけに会社の方向性や社員の方向性を統一を実現しました。

ニチレイフーズ

ニチレイフーズは食品の製造や販売に携わる会社であり、クレドとして5つの「行動指針を掲げています。

具体的には

法と社会の秩序を守り、高い倫理観をもって行動します。

・お役に立つ価値提案のために食と生活を見つめます。

・互いに多様性を認め合い、対話を通じて連携します。

・誠実な気質を継承し、ていねいなものづくりを心がけます。

・謙虚に自己を見つめ、挑戦することで成長し続けます。

(引用:ニチレイフーズ, 「企業コンセプト・ミッション・ビジョン」, <https://www.nichireifoods.co.jp/corporate/csr/vision.html>, 閲覧日2020年9月29日)

の5つです。

5つの行動指針の他にも、モットーとして『ハミダス』(とらわれず、明るく)を掲げているのも、斬新で特徴的です。

グリー

グリーは、モバイルソーシャルゲームなどのゲーム事業で有名な会社です。

グリーは存在意義として「インターネットを通じて、世界をより良くする。」を掲げ、その後に目指す姿、行動規範をそれぞれ定めています。

行動指針には

現状に甘んじない。さらに高い目標をめざす。

・一流の仲間を集め一流のチームを作る。

(引用:グリー, 「ミッション ビジョン」, <https://corp.gree.net/jp/ja/corporate/mission/>, 閲覧日2020年9月29日 )

などがあり、他の企業よりも強い表現を使っているように感じます。

クレドの必要性と今後のクレドの役割

クレドは日に日に注目されるようになっています。この記事ではクレドが重要視されるようになった時代背景や、作成・導入の方法、他社事例などを紹介していきました。

クレドの導入方法や活用事例でみたように、その導入・活用方法は多岐にわたり、それぞれに各企業の特徴が現れていました。クレド作成を試みている企業は、その企業の特徴を表せられるようなものを、社員全員で作成していただきたいです。

またwithコロナの時代になり、リモートワークなど以前とは働き方が大きく変容しています。その中で、企業の方向性を統一し、社員の行動指針になるクレドはより重要になっていくかもしれません。