MENU

モチベーションを上げる・維持する9つの方法とは?心理学の理論も解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ourly トップバナー

人が行動を起こす契機や刺激となるモチベーション。ビジネスにおいては、社員のモチベーションを上げる(あるいは高い状態で維持する)ことで、労働生産性の向上、離職率の低下や人材育成コストの削減が期待できるため、多くの企業でモチベーションが重要視されています。

そこでこの記事では、

  • モチベーションが低下する原因
  • モチベーションを上げる・維持するメリット
  • モチベーションを上げる・維持する方法など

について徹底解説します。

この記事を読めば、社員のモチベーションを失敗することなく効率的に上げることができるはずです。

目次

モチベーションとは

モチベーションとは、意欲の源となる動機・熱意・やる気のことを指します。

仕事だけでなく学業・スポーツ・音楽活動などありとあらゆるシーンで使われる用語であり、目的を持って行動する際のエネルギーだと言えるでしょう。

モチベーションを持って行動するか次第で成果が変わることもあり、特に仕事に対する高いモチベーションはパフォーマンス向上に役立つとして注目されるようになりました。

モチベーションを左右する要素として、「外発的動機付け」と「内発的動機付け」があります。下記でひとつずつ詳しく解説します。

外発的動機付け

外発的動機付けとは、周りから与えられる評価・報酬をモチベーションの源に変えることを指します。

高い収入を得るため、近しい人からの信頼や人気を集めるため、資格試験に合格するためなど、成果を重視することが特徴です。

モチベーションアップのために高い効果を発揮しますが、目標を達成してしまうと次の外発的動機付けが見つけられず、意欲を損ねてしまうことが考えられます。

内発的動機付け

内発的動機付けとは、自己の興味・意欲・関心をモチベーションの源に変えることを指します。

自分が好きなことだから努力する、自己満足のために行動するなど、自分の気持ちを優先することが特徴です。

具体的な目標がなくともモチベーションを維持しやすく、長期に渡ってコツコツ努力しやすくなるでしょう。

仕事と内発的動機付けが結びついている場合、より長期的なモチベーションが期待できます。

モチベーション上げる・維持する心理学の理論

ここからは、モチベーションを上げたり維持したりするための理論を心理学の観点から紹介します。

どんな要素がモチベーションに影響しているか改めて確認し、足りている部分・欠けている部分の認識に役立てましょう。

マズローの欲求5段階説

アメリカの心理学者であるアブラハム・マズローが提唱した「マズローの欲求5段階説」が、モチベーションについて考える際に役立ちます。
マズローは、人間の欲求が「生理的欲求」「安全欲求」「社会的欲求」「承認欲求」「自己実現欲求」の5段階に分かれると考えました。

生理的欲求は、食事・睡眠・排泄など生命維持に欠かせない基本的な欲求のことを指します。
生きていくための本能的な行動であり、どんなときでも優先すべき項目だと言えるでしょう。

安全欲求は、身の周りの危険から自己の命を守り、快適な環境を得たいと考える欲求です。
清潔な衣服・栄養のある食事・雨風をしのげる住居など衣食住環境を整備し、安定した生活を送るための欲求だと分かります。

社会的欲求は、コミュニティに帰属して仲間を得ようとする欲求です。
仲の良い家族・親しい友だち・切磋琢磨できる同僚などを得ることで、人の心理的安全性は格段に向上します。孤独感や社会的不安を感じないためにも、必須の欲求だと言えるでしょう。

承認欲求は、集団のなかでも特に秀でた人間であるとして評価されたいという欲求です。
周りから認められることが活動意欲の根源になるという考え方であり、前述した外発的動機付けに近いものです。自分が生きる価値を見出すためにも、人からの評価が欠かせないものだと分かります。

自己実現欲求は、前述した4つの欲求が満たされたときにはじめて生まれる欲求です。
個人の理想・目標に向かって行動したり興味・関心と周りへの還元を両立したりするフェーズであり、広い視点で自分の人生と向き合えるようになります。

基本的に下位の欲求が満たされていない限り上位の欲求を望むことはできないとしているため、モチベーションの要因がどこにあるかを探るために役立ちます。

ハーズバーグの二要因理論

アメリカの臨床心理学者であるフレデリック・ハーズバーグは、「ハーズバーグの二要因理論」を展開しています。

仕事内容や職場環境への満足度調査から提唱された理論であり、「満足を得るための要素(動機付け要因)」と「不満足になる要素(衛生要因)」とに分かれると考える理論です。

動機付け要因は、評価・昇進・昇給・成長の実感・目標達成など、獲得することで満足につながる要素のことを指します。

一方で衛生要因は職場内における人間関係・会社の方針・身体的安全性・心理的安全性など、不足があると不満足になる要素をことを指します。

つまり、モチベーションを上げるためには動機付け要因を十分確保する必要があるものの、衛生要因が多いと却ってモチベーションは下がってしまうという理論です。

どちらもバランスよく配慮していくことが、モチベーションを考える際のポイントだと言えるでしょう。

モチベーションが低下する5つの原因

ここでは、モチベーションが低下する要因を深掘りしていきます。

時に退職・休職・メンタルヘルスの悪化などにつながるケースもあるため、モチベーションだけの問題と捉えず確認していきましょう。

人事評価への不満

人事評価への不満があると、努力が正当に評価されない体制であるとしてモチベーションが低下します。

「頑張っても無駄だ」「どうせ評価されない」というマイナスインセンティブになりやすく、組織全体への信頼も損なわれてしまうでしょう。

言われたことだけを粛々とこなす最低限の働きをしやすくなるため、パフォーマンスも低下しやすくなります。

自分の仕事への不満

職務・配属部署・担当プロジェクトなど、自分の仕事に対する不満がある場合もモチベーションの低下につながります。

また、責任のない仕事だけを淡々とやらせたり自分の適正と全く反する仕事に従事させられたりすることも、不満の原因となるでしょう。

反対に、自分のスキルや経験を最大限活かせる仕事を任せてもらった場合、自然とモチベーションが上がります。

働き方への不満

残業や休日出勤が多い、家族帯同での頻繁な転勤で負担がかかる、ワークライフバランスが取れないなど働き方に関する不満がある場合もモチベーションに影響します。

近年は「テレワークできる仕事であるのに出勤を強制される」「フレックス制度があるはずなのに事実上朝早くからの出勤が当然になっている」など、多様化する働き方に合わせた悩みが生まれるようになりました。

長く続けられる仕事ではないと判断され、退職・転職につながってしまうことも多いです。

将来に対する不安

10年20年後のキャリアプランが描けず、将来に対する不安が根強い場合も就業のモチベーションを欠いてしまいます。

先輩社員がキャリアアップせず何年も同じポジションで働いている、スキルアップしても勤続年数が上がっても昇進しないなど、不安視されやすい要素があるときは注意しておきましょう。

また、結婚・妊娠・出産・子育て・介護・怪我・病気・住宅購入などライフプランの変化に伴って生まれる不安もあります。

人間関係への不満

職場内いじめ・パワハラ・セクハラなど深刻な人間関係への不満を抱えている場合、モチベーションは著しく下がります。

ちょっとしたやりづらさや折り合いの悪さから居心地の悪さを覚えることもあるでしょう。

上司・経営層に相談しづらいと考えて悩みを抱えてしまう人も多く、問題が表面化しづらいことも注意点です。

モチベーションを上げる・維持する3つのメリット

次に、モチベーションを上げる・維持することでどんなメリットが生じるか、チェックしていきましょう。

本人だけでなく会社の経営上のメリットも多いため、下記をご参考ください。

労働生産性が高まる

モチベーションが高いと、ひとりあたりの労働生産性が高まります。

会社やチームに貢献しようという前向きな姿勢が育まれるため、収益向上施策としても有効です。

また、周りからの期待に応えようとしたり自ら積極的に意見やアイディアを発信したり、意欲的な働きを見せることも多くなります。

高いパフォーマンスを発揮してほしい企業こそ、モチベーション管理を徹底することがおすすめです。

あわせて読みたい
労働生産性とは?種類・国別比較、向上の方法、活用事例を解説 近年、働き方改革により、限られた時間内での業務効率化を図るため、労働生産性向上の必要性が高まってきています。「日本は労働生産性が低い」と言われており、OECD加...

離職率が下がる

モチベーション高く働けていると仕事をすること自体が楽しくなり、離職率が下がります。

新規に採用しなければいけない人数が減り、採用・育成コストを圧縮することができるでしょう。

また、社員が長期間かけてナレッジやノウハウを習得するサポートができ、企業成長を支える根幹にもなります。

人材育成コストを削減できる

モチベーションが高い社員が多いと、人材育成コストを削減できます。

自発的にスキルアップセミナーに通ったり積極的な社内コミュニケーションを取ったりするため、経営層が無理に牽引しなくても問題ない組織として確立するでしょう。

自走力がある組織になることで、細かな研修・育成をする必要がなくなるのです。

また、1回の研修で多くのノウハウを学んだり研修に参加していなかった社員に情報共有したり、育成にかける手間を削減する効果も期待できます。

【資料】インナーコミュニケーション活性化ノウハウ ~ 事例集付き ~

インナー(社内)コミュニケーションの活性化は、組織にあった施策を適切に行い続けることで実現します。しかし、組織にあった施策を選ぶことは難しく、成果も見えづらいため、活性化に成功する企業は多くはありません。

そこで弊メディアでは、「活性化施策の一覧表」や「自社にあった施策の選び方」、「成功事例集」をまとめた資料を作成しました。

組織の離職率やエンゲージメントスコア、理念・文化の浸透にお悩みの方は是非ご覧ください。

モチベーションを上げる・維持する9つの方法

最後に、モチベーションを上げる・維持する方法を解説します。

自社に合った施策を立てるためにも、下記の内容を参考にしてみましょう。

適切な人員配置を行う

個人ごとに異なる適正・スキル・資格・経験を最大限活かせるよう、適材適所の人材配置をおこないましょう。

また、人間関係に配慮した人事案を検討することも効果的です。

業務に集中しやすい環境を作ることで高いパフォーマンスを発揮できるようになり、結果的に周りから評価されることでモチベーションを上げる効果が期待できます。

昨今は、適材適所の人材配置を行う「タレントマネジメント」にも注目が集まっています。詳しくは以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
タレントマネジメントとは?目的や効果、導入事例、各サービスの特徴を解説 近年、「タレントマネジメント」という言葉を耳にすることが増えたのではないでしょうか。 現在、人事領域で注目されているキーワードで、タレントマネジメントシステム...

人事評価制度を見直す

人事評価制度を見直し、結果や努力に応じて正当に評価するシステムを作っていきましょう。

年功序列や勤続年数による評価だけでなく、成果・成績・結果を可視化して評価してくれる企業であれば、パフォーマンスをより向上させようと考える社員が増えるでしょう。

また、努力する姿勢や仕事との向き合い方など数値に見えない部分も評価する場合、若手社員や経験年数の浅い人材も前向きなモチベーションを持ちやすくなります。

実例として、考え抜かれた人事評価制度を背景に、「働きがいのある会社ランキング」に7年連続ランクインしたナイル株式会社を紹介します。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
働きがいは考え抜かれた「人事評価制度」にあり?ナイルが「働きがいのある会社」ランキングに7年連続ラ... 「働きがい」というのは、一朝一夕に作れるものではなく、中長期的に作っていくもの。そんな「働きがい」をずっと評価されている会社はどんな体制を作っているのだろう...

ワークライフバランスを整える

ワークライフバランスを整えることも、モチベーション向上に効果的です。

例えば無理な残業・休日出勤を廃止するためにノー残業デーを導入したり、有給取得率を向上させて休みやすくしたりする方法があるでしょう。

プライベートとのオン・オフを上手に切り替えることができれば、仕事に集中しやすくなります。

過労や睡眠不足によるパフォーマンスダウンを防ぐ手法としても有効であるため、働き方改革も兼ねて実施してみましょう。

職場環境を整える

職場環境を整え、心理的安全性を高めることでモチベーションを上げることも可能です。

例えば積極的な意見・アイディアの発信や新たな挑戦を歓迎する社風であれば、「自分でも手を挙げて発言していい」という心理的安全性を高められます。

また、失敗やミスがあっても必要以上に責めることなく、お互いカバーしあう風習が根付いている企業であればエンゲージメントも高くなるでしょう。

怪我をしない安全な職場を作ることはもちろん、気持ちの安全についても考える必要がありそうです。

あわせて読みたい
グーグルが採用する心理的安全性とは?生産性を高める5つポイント・測定方法 2015年にGoogle社が「心理的安全性は成功するチームの構築に最も重要なものである」と発表したことによって、心理的安全性という言葉が広く知られるようになりました。 ...

社内コミュニケーションを活性化させる

社内コミュニケーションを活性化させ、上司・同僚・部下と共に努力するイメージを共有することもモチベーションにつながります。

人間関係がよく風通しのよい職場であれば社内コミュニケーションも活性化しやすくなり、業務上の連絡漏れやミスを減らすことができるでしょう。

普段やり取りしない部署と交流したり経営層からのメッセージを頻繁に目にする機会があれば、会社全体への理解度も上がります。

「この会社だからこそ頑張りたい」というモチベーションを喚起できれば、高いパフォーマンスを発揮する組織となるでしょう。

あわせて読みたい
社内コミュニケーションを活性化させる施策8選|重要性とメリット、事例を解説 近年、社内コミュニケーションが重要視されるようになっています。 働き方改革やコロナ社会の影響で、人々の労働環境は急激に変化しています。その中で、社員同士のコミ...

挑戦しやすい環境・制度をつくる

新たなチャレンジを歓迎し、挑戦しやすい環境・制度を作ることも効果的です。

例えば立候補制度を構築して、次年度自分が異動したい部署・支店・役職に対する熱意やアピールを募ってもよいでしょう。

企画力やプレゼンテーション能力を競う社内イベントを実施し、高いスキルを持つ人を表彰する手法もあります。

ミスや失敗を恐れず挑戦する人材が増えれば、組織の成長を支える要因となります。

あわせて読みたい
社内イベントの企画アイデア事例100選|成功のポイント、運営手順 コロナウイルスなどの影響で、これまで行っていたオフラインの社内イベントが開催できない会社も多いのではないでしょか? そこでこの記事では社内イベントの目的や効果...

非金銭的なインセンティブを導入する

給与・賞与とは別に非金銭的なインセンティブを導入し、承認欲求を満たしていく手法もあります。

前述した社内イベントによる表彰は、非金銭的なインセンティブとして有名です。

その他、希望するプロジェクトへ優先的に関われる、親会社に勉強も兼ねて栄転出向できるなどさまざまな取り組みが考えられます。

挑戦を促進する取り組みとしても有効であるため、導入を検討してみましょう。

キャリアデザインを明確にさせる

1on1ミーティングや全体研修の場で、キャリアデザインに関する訴求をしてもよいでしょう。

個別でコミュニケーションができる場では、本人が今後進みたい道や希望する給与・役職に対し、どんな努力が必要か提示していくことができます。

全体研修や社内報など大勢に向けて情報発信できる場では、既に出世している社員に対しこれまでのキャリアパスをインタビューしたり会社が用意しているキャリアを提示したりすることが可能です。

自分の将来に対する明るい展望が持てると、モチベーションも上がりやすくなるでしょう。

あわせて読みたい
1on1ミーティングとは?進め方や目的、具体的なアジェンダ・質問項目、導入事例 大企業からベンチャー企業まで、1on1ミーティングを導入している企業はたくさんあります。例えば、Yahoo!(ヤフー)は、2012年から1on1ミーティングを実施しており、書...

企業のミッションやビジョンを伝える

入社時の説明・社内ポータルサイト・社内報・研修などをフル活用し、自社のミッション・ビジョン・バリューを伝えることもモチベーションアップ施策として有効です。

会社が目指す方向性と自分の努力の方向性とをすり合わせできれば、目的意識を持って業務に取り掛かりやすくなるでしょう。

また、会社が欲している人材像に合わせて努力するなど評価につながる努力を欠かさず、モチベーションに変えていく方法もあります。

高いエンゲージメントを育成できれば、内発的動機付けにも役立ちます。

ミッションやビジョンを伝える場が十分かもう一度検討し、不足があれば訴求手段を考えていくことがおすすめです。

社員のモチベーション向上なら ourly

web社内報「ourly」

ourlyは、組織改善に特化した全く新しいweb社内報サービスです。

web知識が一切不要で、誰でも簡単に投稿できるだけでなく、他のweb社内報よりも豊富な分析機能が特徴的です。

またourlyは、web社内報としてだけでなく組織課題を可視化するツールとして活用できることが魅力的なツールとなっています。

ourlyの特徴

  • SNSのように気軽にコメントできる仕様で、社内のコミュニケーション活性化を実現
  • web知識が一切不要で簡単に投稿できる
  • 豊富な支援体制で社内報の運用工数を削減できる
  • 分析機能に特化しており、属性・グループごとにメッセージの浸透度がわかる
  • 組織課題や情報発信後の改善度合いを可視化することができる

エンゲージメントスコアが低い」「離職率が高い」「従業員にメッセージが伝わっているかわからない」といった悩みを抱える方におすすめのweb社内報ツールです。

サービスページはこちら

モチベーションを上げることで強い組織を

モチベーションを上げることができれば、労働生産性の向上・離職率の低下・人材育成コストの削減などさまざまな効果が期待できます。

従業員満足度やエンゲージメントも上がりやすく、社員にとっても会社にとってもwin-winな組織となるでしょう。

社内報によるミッション・ビジョン・バリューの浸透や社内コミュニケーションの活性化がモチベーションに与える影響も大きいです。

強い組織づくりをするために、モチベーション向上施策を導入してはいかがでしょうか。

ourly Mag. メールマガジン

インナーコミュニケーションのノウハウや海外事例などを限定配信中!

詳しくはこちら


効果の見えづらい社内施策にお困りではありませんか?

ourly(アワリー)は、従業員の組織関心度を可視化できるweb社内報CMSです。
データを基に、理念や企業文化の浸透を着実に実現します。

ourly ボトムバナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Naohiro Sugiyamaのアバター Naohiro Sugiyama ourly株式会社 マーケティングチームメンバー

ourly magazineのライティングを主に担当。
働くにあたって、自分も楽しみつつ会社も成長できるようなバランス感覚に興味を持ち、ourlyに参画。
純文学と歴史のある喫茶店が好き。おばあちゃんと猫に好かれやすい。

目次
閉じる