MENU

事なかれ主義とは?陥りやすい人の特徴とデメリット、防止する方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ourly トップバナー

事なかれ主義(ことなかれしゅぎ)とは、事を荒立てて波風が立たないよう、穏便に済ませようとする人のことを意味し、問題や面倒から目を背けて見てみぬ振りをする消極的な態度の人を意味する表現です。

チームに事なかれ主義が蔓延することで、モチベーション低下、離職率の向上、問題の悪化などのデメリットが生じます。

この記事では、事なかれ主義の類語・言い換え・英語表現、陥りがちな人の特徴、デメリット、防止の方法について解説します。

目次

事なかれ主義とは

事なかれ主義とは、事を荒立てて波風が立たないよう、穏便に済ませようとする人を意味します。

一見すると争いごとが苦手で穏やかな人であるかのように感じますが、面倒なことから徹底的に目を背けようとすることに対するネガティブな言葉だと言えるでしょう。

早急に対応しなければいけないことにも見て見ぬふりをしたり、本質を見極めようとせず「なんとかなるだろう」と行動を先送りしたりすることも多いです。

事なかれ主義という言葉に含まれる「なかれ(勿れ)」とは、もともと「なし」の命令形を表す言葉です。「驚くことなかれ(驚いてはいけない)」「待つことなかれ(待ってはいけない)」のように使う方もいるでしょう。

「事なかれ(問題となることが起きてはいけない)」とする独特の考え方が、「事なかれ主義」という言葉に現れていると分かります。

事なかれ主義の言い換え

事なかれ主義と似たような言葉として、下記の2つが挙げられます。

どちらもネガティブな意味で使われることの多い言葉であるため、チェックしておきましょう。

官僚主義

官僚主義とは、規則・ルール・マニュアルに固執し、柔軟な考え方ができない人のことを指します。

上下関係の厳しいトップダウン型組織や規模の大きな組織では、特に官僚主義が起きやすいとされています。

その名の通り政治家や公務員などに起きやすいことから「官僚主義」という言葉がついていますが、実際には民間企業で起きることも多いです。

あわせて読みたい
大企業病とは?原因と起こる弊害、8つの対策を徹底解説【2022年最新】 大企業病とは、組織が成熟したことで生じる形式主義などの官僚制が進み、組織の生産性が低下していることをいいます。 官僚制が進むことで、効率性が高まる一面もありま...

保守的

保守的とは、昔ながらのやり方や決まりごとから脱却できない人のことを指します。

時代のニーズやトレンドに合わせて考え方をアップデートできないことが、保守的になる原因だと言えるでしょう。

また、新しいことへの挑戦やルールの変更を好まないことも多いです。組織のなかでは若い人員と衝突することもあり、風通しが悪くなる原因となることもあるため注意が必要です。

事なかれ主義の英語

事なかれ主義は、英語で「ostrich policy(オストリッチ・ポリシー)」と表現します。

「現実逃避策」「自己欺瞞」の意味で使われることもある言葉であり、「事なかれ主義」と言い換えることもできるでしょう。

語源は、追い詰められると砂のなかに頭を突っ込むダチョウ(オストリッチ)からきています。頭を突っ込んだだけで全身を隠したつもりになっている様子や、隠れただけで問題の本質には対応できていない様子を皮肉っていると分かります。

同様に、「Pretend not to see(見て見ぬふりをする)」「Play it safe(安全策を取る)」なども使われることがあります。

事なかれ主義な人の6つの特徴

ここでは、事なかれ主義な人の特徴を紹介します。

自分自身のことを振り返るきっかけにもなるため、当てはまる項目がないか確認してみることをおすすめします。

小心者で自信がない

小心者で度胸がなく、自分に自信が持てない人は事なかれ主義になりやすいとされています。

自分の判断に自信が持てないからこそ、上司や同僚など他者の判断に身を委ねようとするのでしょう。マニュアルやルールが既に定められていれば、盲目的に従う傾向もあります。

万が一トラブルやミスがあっても「上司の判断が悪かった」「マニュアルが整備されていないから」と、他に責任を押し付けがちなことも問題です。

傷つきたくない

自分が傷つきたくないという心理が強い場合、わざわざトラブルに首を突っ込もうとせず事なかれ主義を貫くことがあります。

失敗に対する恐怖心もあり、あえて高いレベルにチャレンジして失敗のリスクを負うよりも、手堅くできる範囲のことだけをやろうとする気持ちが出るのでしょう。

「自分の責任を追及されたくない」と考えすぎるあまり、ミスを隠そうとすることもあります。後々ミスが発覚したときには大きな被害に拡大していることもあり、組織にとって痛手となるでしょう。

当事者意識がない

当事者意識がなくどこか他人事な人も、事なかれ主義になりやすいです。

今起きている問題が自分にどんな影響を及ぼすか考えなかったり、そもそも自分には関係がないと思ったりすることもあります。

そのため、問題解決に対して積極的なアイディアや意見を出すことができません。言われたことだけ淡々とこなすような働き方になることが多く、自主性に欠けることが問題視されています。

面倒事に巻き込まれたくない

面倒事に巻き込まれたくないという気持ちが先立ち、トラブルやクレームの種に気づいても見て見ぬふりをするタイプの人もいます。

特にストレス耐性がなく気分が沈み込みがちな人は、自己防衛のため事なかれ主義を貫くこともあるでしょう。

前述した「傷つきたくない」という傾向も兼ねていることが多く、人間関係の悪化や周囲から過度に寄せられる期待から逃げようという気持ちも強くなります。

向上心の欠如

向上心が欠如しており、現状維持のままで問題ないと考える場合も事なかれ主義になりやすいことが特徴です。

起きている問題を積極的に改善しようとしたり、顧客や取引先のためを思ってよりよい商品・サービスを展開しようと考えたりする熱意に欠けることもあるでしょう。

環境の変化を嫌う傾向も強く、確実性や安定性を好むことが多いです。

前述した「当事者意識がない」ことも、共通する要素として挙げられます。

八方美人:人に媚びる

人間関係でのトラブルや人に嫌われることを避けようとするあまり、誰にでも分け隔てなく無難な対応を意識しようとする人もいます。

場の空気を読んで周りの意見に同調することが多く、自分の意見を持つことがほとんどありません。

そのため「前回と言っていることが違う」「何を言っても賛同してくれるが自分の芯がない」と思われやすく、却って人が離れる原因にもなるのです。

一見すると人当たりがよく素直だと思われますが、付き合いが長くなるにつれ八方美人のデメリットが目立つため要注意です。

事なかれ主義4つのデメリット

事なかれ主義な人がいると、組織にとっても本人にとってもデメリットが生じます。

時には「穏便で優しい人」というイメージを覆してしまうようなデメリットになることもあり、周りを悩ませる原因にもなっていくでしょう。

下記では、事なかれ主義のデメリットについて解説します。

信頼関係が築けない

事なかれ主義の人は、目の前で起きている問題を見て見ぬふりしたりミスやトラブルを隠そうとしたりすることが多いです。そのため長期的な信頼関係を築くことができず、どこか疑いの目で見られることが増えるでしょう。

責任のある仕事や対外的な交渉が必要な仕事を任せられず、影響の少ない単純作業ばかり命じられることも出てきます。

事なかれ主義が組織のパフォーマンスを低下させると言われている理由は、ここにあるのです。

本音を言えない

事なかれ主義は、「面倒事に巻き込まれたくない」「傷つきたくない」と感じるあまり自分の本音を話すことがほとんどありません。

組織に対する意見・提案はもちろん、本人が持つキャリアプランなども聞き出しづらく、コミュニケーションが難しいと感じることも多いです。

また、本音と建前を使い分け続けることで本人に生じるストレスも大きく、いつか疲れ果ててしまうことも想定されます。

責任の押し付け合いになる

事なかれ主義の人は、責任を追及されることや自分のミスを指摘されることを嫌います。

そのためトラブルが発生したときに人と責任の押し付け合いをすることが多く、言い訳を繰り返すこともあるでしょう。

社内の人間関係を悪化させることはもちろん、問題解決に向けた本質的な議論を先送りにしてしまい、より状況が悪化することも考えられます。

放置することで問題が悪化する

「ミスしたことを周りに知られたくない」とミスを隠したり、「嫌われないように話を合わせるしかない」と消極的な提案をしていたりするうちに、問題が悪化することがあります。

隠したミスが後から発覚し大きな問題につながれば、上司や同僚はもちろん社外にまで迷惑をかけてしまうでしょう。

消極的な提案を繰り返していては議論が活性化せず、アイディアや意見の創出につながりません。

組織運営の最適化から遠ざかるため、事なかれ主義にはデメリットが多いとされているのです。

事なかれ主義を防止する5つの方法

最後に、事なかれ主義を防止する方法を紹介します。

事なかれ主義防止のためには、心理的安定性の高い組織風土を醸成することが重要です。

そのためには密な社内コミュニケーションを取ることが前提となるため、下記を参考にしていきましょう。

あわせて読みたい
グーグルが採用する心理的安全性とは?生産性を高める5つポイント・測定方法 2015年にGoogle社が「心理的安全性は成功するチームの構築に最も重要なものである」と発表したことによって、心理的安全性という言葉が広く知られるようになりました。 ...

失敗を恐れない

事なかれ主義にならないためには、失敗を恐れず何事にも前向きに挑戦する姿勢が大切です。

「多少のミスがあっても大丈夫」「挑戦すること自体が大事」と考えれば、消極的かつ保守的な事なかれ主義に陥ることはないでしょう。

そのためには、本人の考え方以上に組織風土が問われます。ミスすることを前提に業務を任せたり、結果を問わず挑戦を歓迎したりする組織風土が育てば心理的安全性も高くなります。

発言しやすい環境をつくる

発言しやすい環境をつくり、誰からの意見も歓迎するように意識してみましょう。

経営者や管理職だけでなく若手社員や新入社員からの意見も積極的に募れば、業務を自分事として捉える癖をつけられます。「自分だったらどう考えるか」に思いを巡らせることができ、やりがいやモチベーションの向上にも貢献します。

また、人の意見を聞くシーンが多くなり、傾聴力が高まる可能性もあります。

事なかれ主義脱却だけに留まらない効果が期待できるため、ぜひ取り入れてみましょう。

挑戦を評価する

「失敗を恐れない」でも触れた通り、挑戦を歓迎する組織風土が重要です。

「自分にもできるかもしれない」というモチベーションを喚起しやすく、組織全体が活性化するきっかけにもなるでしょう。

なかには、社内報で「今月新たなチャレンジをした人」をピックアップして社員インタビューを掲載したり、チャレンジによる成功に結びついたケーススタディを紹介したりする企業もあります。

挑戦している社員は積極的に評価するなど、人事評価面での優遇も検討してみましょう。

チームでフォローし合う

チームでフォローし合う働き方ができていれば、個人のみが責任を負うことを避けられます。

「ひとりのミスはチームのミス」という意識を持って業務に当たることで、独りよがりな判断もしなくなっていくでしょう。

チームのために貢献したいと考えるエンゲージメントが育ち、事なかれ主義を予防できます。

コミュニケーションの活性化

コミュニケーションを活性化し、社員同士の信頼や結束を強めることも大切です。

誰がどんな業務を担当しているか分かれば、部門間連携やノウハウの共有がしやすくなります。自分ひとりでは難しい業務に対するハードルが下がり、事なかれ主義にならずとも問題を解決できるようになるのです。

また、人間関係が円滑になり、上司や同僚を疑うことなく本音を話せる効果も期待できます。エンゲージメントやモチベーションも高まるなど、さまざまなメリットが得られるでしょう。

あわせて読みたい
社内コミュニケーションの課題とは?コロナ禍のテレワークにおける事例を紹介 社内コミュニケーションとは、主に仕事を通じた従業員間の意思疎通や情報の共有を指します。 価値観や働き方の多様化などにより、社内コミュニケーションに課題を抱える...
あわせて読みたい
社内コミュニケーションの成功事例10選!効果的な施策とメリットも紹介 社内コミュニケーションとは、社員同士が適切に情報交換するためのコミュニケーションのことを指します。 リモートワークの推進などの影響で社内のコミュニケーション環...
あわせて読みたい
社内コミュニケーションを活性化させる8つの施策|メリットや企業事例も紹介 コロナ禍によって社内に出社する回数が減ったり、社内イベントを実施する機会がなくなったりとタテとヨコの繋がりが薄れてきている企業も多いのではないでしょうか。 そ...

事なかれ主義を防止するコミュニケーション活性化なら ourly

web社内報「ourly」

ourlyは株式会社ビットエーが提供する、組織改善に特化した全く新しいweb社内報サービスです。

web知識が一切不要で、誰でも簡単に投稿できるだけでなく、他のweb社内報よりも豊富な分析機能が特徴的です。

またourlyは、新たな社内コミュニケーションを創出するツールとして活用できるサービスとなっています。

ourlyの特徴

  • SNSのように気軽にコメントできる仕様で、社内のコミュニケーション活性化を実現
  • web知識が一切不要で簡単に投稿できる
  • 豊富な支援体制で社内報の運用工数を削減できる
  • 分析機能に特化しており、属性・グループごとにメッセージの浸透度がわかる
  • 組織課題や情報発信後の改善度合いを可視化することができる

社内の雑談が減った」「従業員にメッセージが伝わっているかわからない」といった悩みを抱える方におすすめのweb社内報ツールです。

『ourly』サービスページはこちら

コミュニケーションを活性化して事なかれ主義を防止

事なかれ主義を防止するには、社内コミュニケーションの活性化が必要です。

コミュニケーションに基づく心理的安全性の高い組織では、事なかれ主義にならずとも業務を遂行する力が身につくでしょう。

社内コミュニケーション活性化には、社内報の活用がおすすめです。

挑戦する気持ちを歓迎したり、何気ない雑談を喚起したりできるツールとしても注目されているため、導入を検討してはいかがでしょうか。

社員間の相互理解を促進させる ourly profile

ourly profile(アワリープロフィール)は、個人のプロフィール機能や組織図機能などにより、組織のサイロ化を解消する社内コラボレーション創出ツールです。

3つの大きな特徴により、勤務形態・メンバー数にとらわれず、マネージャー(リーダー)とメンバーの相互理解を促します。

  • 人となりが一目でわかる自己紹介画面
  • 独自の探索機能により、思いがけない出会いを創出
  • 組織図により、チーム・部署を超えて組織を理解できる

こうした特徴から「この人こんなスキルを持ってたんだ!」「Aさんはこんな趣味・経験があったのか!」などの気づきを生み出し、効率的なチームマネジメントコミュニケーション円滑化を実現します。

『ourly profile』サービスページはこちら
社内コミュニケーションでお困りごとはありませんか?

効果の見えづらい社内施策にお困りではありませんか?

ourly(アワリー)は、従業員の組織関心度を可視化できるweb社内報CMSです。
データを基に、理念や企業文化の浸透を着実に実現します。

ourly ボトムバナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ourly magazineのライティングを主に担当。
働くにあたって、自分も楽しみつつ会社も成長できるようなバランス感覚に興味を持ち、ourlyに参画。
純文学と歴史のある喫茶店が好き。おばあちゃんと猫に好かれやすい。

目次
閉じる