社内報タイトルの付け方とは?読まれるタイトル例7パターン・注意点【事例あり】

  • 2020-11-11
  • 2021-01-15
  • Tips

社内報を発行する上で、タイトルで各企業の個性を出したいと思う人も少なくはないでしょう。本を買うとき、まず目に入るのがタイトルであるように、社内報もタイトルで読者の興味を引きたいものです。

では、どのようなタイトルをつければ、読まれる社内報を作ることができるのでしょうか。

この記事では、社内報タイトルの付け方のコツや、そのパターン。タイトルの他社事例や、避けるべきタイトルなどを解説していきます

社内報 読まれるタイトル例 7パターン【事例あり】

この章では、社内報タイトルの典型例を紹介していきます。

⑴社名を用いる

1つ目のパターンとして、社名を用い、その後に社内報とわかるようなワードを加えるような場合があります。シンプルで最も典型的といえるでしょう。以下がその例です。

  • ◯◯マガジン(Magazine)
  • ◯◯ペーパー(Paper)
  • ◯◯ナンバー(Number)
  • ◯◯イシュー(Issue)
  • ◯◯タイムズ(Times)
  • ◯◯ニュース(News)
  • ◯◯レター(Letter)
  • ◯◯だより
  • ウィークリー(Weekly)◯◯
  • マンスリー(Monthly)◯◯

また、具体的にイメージしやすいように、有名企業のタイトル例をご紹介します。

トヨタ:トヨタイムズ

トヨタ自動車株式会社は、「トヨタイムズ」というタイトルの社内報を発行しています。CMでも流れていることから、多くの人に馴染みがあるかもしれません。

トヨタの社内報タイトルは、社名である「トヨタ」と、社内報とわかるようなワードである「タイムズ」をつなげたものです。

社名の前後に、社内報と関連付いたワードを添えています。そのため、社員やその家族に対して、社内報を浸透しやすいタイトルといえます。

ソニー:Sony Family

ソニー企業株式会社は、「Sony Family」というタイトルの社内報を発行しています。社名と社内報のコンセプト、あるいはポジティブな言葉を組み合わせたタイトルといえます。

かごめ:KAGOME通信

カゴメ株式会社は、「KAGOME通信」という社内報を発行しています。ソニー株式会社と同じく

社名を利用しており、社内報とわかるようなワードと社名の組み合わせと言えます。

⑵社内報のコンセプト・想いを用いる

2つ目のパターンとして、社内報のコンセプト・想いを用いる場合があります。社名を用いる場合など、他のパターンよりも簡潔で、さらにインパクトがあります。以下が、社内報のコンセプト・想いを用いた例です。

  • diverse
  • One
  • Many

また、具体的にイメージしやすいように、有名企業のタイトル例をご紹介します。

大阪ガス(Daigasグループ):がす燈

大阪ガス株式会社は、社内報「ガス燈」を発行しています。大阪ガスの業種であり社名にも含まれる「ガス」と、灯の旧字体である「燈」をつなげたタイトルになっています。

社名と、社内報のコンセプト・想いを組み合わせたものと言えるでしょう。

サントリー:まど

サントリーホールディングス株式会社は、「まど」というタイトルの社内報を発行しています。

この「まど」という社内報は1955年から受け継がれています。またそのタイトルは、社内報のコンセプト・想いを利用しているといえます。

タイトルに社名を使う場合などとは違い、タイトルを見ただけでは、それが社内報とはわかりません。そのため、発行時に入念に浸透させることが重要でしょう。

⑶企業理念を用いる

3つ目のパターンとして、企業理念や企業のミッションなどを用いる場合があります。以下が企業理念を用いた場合の例です。

  • diversity
  • hospitality

企業理念などを利用することにより、社内報自体のみならず、それらの理念浸透にも役立ちます。

⑷会社の業種に合う言葉を用いる

4つ目のパターンとして、各企業の業種に合う言葉を用いる場合があります。以下がその例です。 

  • セキュリティー会社:守る、SAFETY
  • 飲食業:飯、EAT
  • IT企業:CLOUD、TECHNOLOGY

読者が、自身の企業に関係があるとすぐわかるようなワードが良いでしょう。

⑸ポジティブな言葉を用いる

5つ目のパターンとして、ポジティブな言葉を利用する場合があります。以下がその例です。

  • BEYOND
  • UP
  • THANKS
  • BEST
  • GOOD
  • SMILE
  • ENJOY
  • HAPPY
  • HAPPINESS

社内報は、その企業のイベントや成果、さらには砕けた話などを企業全体に共有できるツールです。そのため、多くの人々に読んでもらってこそ意味があります。

ポジティブなタイトルにすることにより、硬い内容ではなく、読みやすいイメージを持たせることが可能であり、多くの人が気軽に読んでくれることが期待できます。

⑹ビジネス関連の言葉を用いる

6つ目のパターンとして、ビジネス関連の言葉を用いる場合があります。以下がビジネス関連の言葉を用いた例です。

  • SUCCESS
  • AGENDA
  • ECONOMY
  • GROWTH
  • MANAGE
  • STRATEGY
  • COOPERATION

また、具体的にイメージしやすいように、有名企業のタイトル例をご紹介します。

双日株式会社:HORIZON

社員が業務でよく使うワードなど、各企業にとって馴染みのあるビジネス系ワードがあれば、それを使用することも効果的です。

⑺:⑴-⑹を複数組み合わせる

7つ目のパターンとして、社名や企業理念など、以前に紹介してきたパターンをいくつか組み合わせる場合があります。以下がその例です。

  • 社名 愛
  • ONE 社名
  • THANKS 社名
  • 絆 SUCCESS

社名を入れることによって、社内報と理解がしやすくなります。社名以外の言葉だけでは浸透に不安がある場合、その前後に社名を付け加えることによって、一気に社内報感が増すと考えられます。

また、社内報のコンセプトや、ポジティブなワード、ビジネス関連の言葉などを組み合わせることによって、企業の個性を表現することが可能です。

社内報タイトルの付け方 3つのコツ

社内報を出版するにあたり、そのタイトルに悩む人は少なくないと思います。社内報は、社員やその家族に読まれてこそ、発行する意味があるといえるでしょう。

そのため、読者が手に取って見たくなるようなタイトルが望まれます。では、どのようなタイトルをつけると効果的なのでしょうか。

社員の立場に立って考える

タイトルをつける上で、読者の立場になって考えることが重要です。

その企業には、どのような人材が多いのか、また社員は企業に対してどのような感情を抱いているのかなど、社員の特徴をつかむことが大事です。

社員の気持ちや個性を理解し、興味を引くタイトルや、誇りに思われるタイトルが有効でしょう。

会社ならではのユニークさ

読者が、タイトルを一目見て自身の会社に関するものだとわかるようなタイトルが有効でしょう。

その会社の名を利用したものや、経営理念など、企業が大事にする言葉を使用すれば、読者は自社の社内報だと理解しやすいです。

さらには、馴染みの深い言葉は、読者にとって記憶しやすく、社内報の浸透に役立つでしょう。

長すぎず、スマートに

読者がタイトルを覚えやすくするためにも、長すぎずスマートなタイトルが好ましいです。

その会社ならではの個性を、タイトルによって表現することも重要です。しかし、長ければ長いほど読者はそのタイトルを覚えにくく、浸透しにくいことにつながります。

長いタイトルになってしまっても、略して呼べるようなタイトルであれば、問題はないです。

避けるべき社内報のタイトル 

社内報タイトルのつけ方のコツや、いくつかパターンを紹介しました。では、逆に避けるべき社内報のタイトルとは、どのようなものでしょうか。

長く、冗長であるもの

まず、長く、冗長であるものは避けるべきです。社内報タイトルのつけ方でも述べたように、タイトルはスマートなものが良いでしょう。

社内報作成の想いを、簡潔なワードで伝えることを目指しましょう。

会社のイメージや方針と異なるもの

会社のイメージや経営方針と異なるタイトルは避けるべきです。タイトルを見て、その会社の社内報だとすぐわかるようなものが良いでしょう。

社内報には読みたくなるタイトルを付けよう

社内報を発行しても、なかなか読まれないという課題がある企業も少なくはありません。発行するからには、社員やその家族などに毎回読まれるような社内報を作成したいものです。

その会社にしか付けられないようなタイトルを考え、後世に受け継がれていくような社内報を目指しましょう。