MENU

ビジョンとは?作り方4ステップと具体的な企業の事例を解説

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ourly トップバナー

ビジョンとは、企業が事業を通じて実現したい未来を明文化したものです。また、中長期的な視点の目標を達成したのち、企業がどのような姿になりたいかを描きます。

企業理念やミッションなどとセットで語られることが多い言葉ですが、どのような違いがあるのでしょう。また、ビジョンを作ったり浸透させたりするには、どのような方法があるのでしょうか。

本記事では、ビジョンの意味や作り方、実現に向けて浸透させる方法を説明したのち、実際の企業がビジョンに掲げる具体的な事例を解説します。

目次

ビジョンとは

ビジョンとは、企業が事業を通じて成し遂げたいことや、目指している将来の姿を明示したものです。「企業の未来のあるべき姿」と言い換えてもよいかもしれません。

企業としてのビジョン、個人としてのビジョン、双方に用いられる言葉ですが、いずれも将来に向けての方向性を定めるものとして活用されます。企業としてのビジョンは、事業に関わるすべてのステークホルダーが共有し目指していく目標であり、ある程度時代の流れとともに変化していくものです。

経営理念やミッションとの違い

ビジョンと混同しがちな言葉に「経営理念」と「ミッション」があります。

経営理念は、「企業活動の目的」を指します。創業者や経営者の「価値観・思い」が込められているニュアンスがあり、「哲学」とも呼べるものです。

ミッションは「果たすべき使命」といった意味合いが強く、企業の存在価値や社会的使命を示す言葉です。経営理念やミッションは、時代の流れに左右されない不変なものといえます。このほか、ミッションやビジョンともに用いられる「バリュー」とは、所属する人材にとっての価値観や判断基準のことです。

個人のビジョンとは

個人のビジョンとは、その人材が「将来なりたい姿」です。具体的には「どのように成長していきたいか」「どのような人間になりたいか」といったことを指します。

企業のビジョンと個人のビジョンがリンクしていることは、組織のパフォーマンスに影響します。個人のビジョンは、企業のビジョンが細分化されたものであることが理想です。このような環境では、企業が目指すビジョンのために「個人が何をすべきか」を考えるといった、よい流れが生まれるでしょう。

ビジョンが重要な理由

ビジョンが重要な理由は、企業の発展には欠かせないものであることです。企業規模が大きくなればなるほど、経営者の直接のマネジメントが及ばなくなります。多くの社員に企業としての理念を浸透させ、方向性をそろえるためにビジョンを示す必要があるのです。

ビジョンが重要な理由は、具体的には以下の3つが挙げられます。

  • 企業の方向性を社内外に示すため
  • 社員の行動や判断の基準にするため
  • 社員のモチベーションを上げるため

詳しくみていきましょう。

企業の方向性を社内外に示すため

ビジョンを設定することで、社員をはじめとしたすべてのステークホルダーに、会社が進む方向性を示す必要があるためです。明確なビジョンがない場合、社員がバラバラな考えのもと行動するため、力が集約されることはありません。こうした状態は企業の衰退につながります。

ビジョンを示すことで中長期的な目標を提示し、社員の足並みをそろえ、力を集約できるのです。また、企業の将来像や価値観を示すことは、外部のステークホルダーの賛同を得るためには不可欠なものといえます。

社員の行動や判断の基準にするため

ビジョンは、社員の判断軸としても機能するものです。大局的な経営判断から現場の業務にいたるまで、判断に悩む場合の判断基準として作用します。ビジョンが組織の中で浸透し共通認識となることで、多くの社員が会社にとっての正しい行動をとるようになるでしょう。

また、変化に対応する必要がある場合は、新たなビジョンを浸透させることが有効です。刷新されたビジョンを浸透させることで、新たな行動指針や判断基準として機能するのです。

社員のモチベーションを上げるため

企業ビジョンの浸透は、社員のモチベーションによい影響を及ぼします。自身のビジョンに向けた努力が、企業のビジョン実現にリンクする場合、日々の仕事に意欲をもって取り組めるようになるためです。

ビジョンの浸透は、共通の判断軸の浸透にもつながるため、組織内のコミュニケーションも円滑になり業務がスムーズに進みます。社員の足並みが揃うことで、企業としての一体感が醸成され、さらなる個々のモチベーション向上が見込めるでしょう。

ビジョンの作り方4ステップ

企業規模が大きくなればなるほど、ビジョンを浸透させ社員の足並みをそろえることが、発展に欠かせない要素となります。ビジョンを浸透させるには、多くの社員が共感する必要があるでしょう。ここではビジョンを策定する際の4ステップを紹介します。

  • 1. 事業内容や外部環境を把握する
  • 2. 将来のさまざまな可能性を予測する
  • 3. 将来のあるべき姿を描く
  • 4. 描いたビジョンを言葉にまとめる

詳しく解説します。

あわせて読みたい
成功企業の経営理念の作り方|簡単7ステップ、ポイント、事例を解説 経営理念は、組織の活性化や従業員のエンゲージメント向上のために大きな役割を担っており、企業の経営上の意思決定にも影響を及ぼします。 今回は、経営理念の事例と作...

1. 事業内容や外部環境を把握する

まず、自社の事業内容を正確に把握することからはじめます。自社の製品やサービスは、消費者にどのような価値を提供しているのか。また、顧客はどのような人物で、自社が提供する価値にどのくらいの対価を払っているのかを考えることで、自社の事業内容が客観的に把握できます。

加えて、市場全体の状況や競合の動向も踏まえ分析し、自社のポジションを明確にします。こうした詳細な分析により、方向性や目指す姿をイメージするとよいでしょう。

2. 将来のさまざまな可能性を予測する

次は将来に目を向け、さまざまな可能性を予測するプロセスです。できるだけ多くの情報源から情報収集をおこない、世界・国内の情勢や経済・市場動向の予測をします。現状の環境分析もあわせて、あらゆる可能性を加味し議論を重ね、自社の未来を予測していくとよいでしょう。

そのうえで、社会の課題やニーズの変化に対応するために必要なことは何か、できる限り多くの仮説をたて、将来の可能性を予測していきます。

3. 将来のあるべき姿を描く

あらゆる可能性を加味したうえで、その未来において自社が果たすべき役割を考えるプロセスです。変化する社会のニーズに対して、自社がどのような価値を提供していくのか、できるだけ具体的に考えます。

また、このステップでは価値観に言及することも必要です。予測した未来において、会社と所属する社員が「大切にしていくべきこと」は何かを考えます。それは、新たな価値観かもしれません。また、これまで自社が大切にしてきた文化かもしれません。過去も振り返りながら議論をすることで、将来のあるべき姿を描いていきます。

4. 描いたビジョンを言葉にまとめる

導き出されたビジョンを、言語化するプロセスで、ビジョン・ステートメントとしてまとめることが一般的です。自社の社員だけでなく、消費者を含めた社外のステークホルダーにも、明確に伝わる表現を用いなくてはなりません。分かりやすく、興味を引き、共感を集める表現が理想です。

また、新たにビジョン・ステートメントを作成した際は、経営理念との整合性を確認しなくてはなりません。通常、経営理念は不変的なものですが、時代の流れにより見直しを検討する必要があるためです。

ビジョンを社内に浸透させる方法

ビジョンは策定するだけでは意味がありません。多くの社員の共感を得て、行動に変化が表れてこそ意味があるものになります。ビジョンの浸透は、以下のプロセスを経ることでスムーズに進むでしょう。

  • 認知 ビジョンを伝え、知ってもらう
  • 理解 コミュニケーションを図り、理解を深めてもらう
  • 共感 自身のビジョンと企業のビジョンとがリンクする
  • 実践 ビジョンに基づいた行動をとる
  • 協働 ビジョンが浸透し、多くの社員がビジョンに基づいた行動をとる

ビジョンの策定は、この「協働」のステップまでを意識しておこなう必要があるのです。

あわせて読みたい
経営理念が浸透しない原因とは?浸透の重要性、施策・事例、ツール4選 近年、働き方や社員の多様化を背景に、企業の指針を明文化した「経営理念」の重要性が高まっています。 しかし、一般社員に対する経営理念の浸透は、すぐに結果が出るも...

ビジョンの浸透には ourly

web社内報「ourly」

ourlyは株式会社ビットエーが提供する、組織改善に特化した全く新しいweb社内報サービスです。

web知識が一切不要で、誰でも簡単に投稿できるだけでなく、他のweb社内報よりも豊富な分析機能が特徴的です。またourlyは、新たな社内コミュニケーションを創出するツールとして活用できるサービスとなっています。

読了率等の詳細な分析と、洗練されたコンテンツ配信から、効率的な理念浸透文化醸成を実現します。

ourlyの特徴

  • SNSのように気軽にコメントできる仕様で、社内のコミュニケーション活性化を実現
  • web知識が一切不要で簡単に投稿できる
  • 豊富な支援体制で社内報の運用工数を削減できる
  • 分析機能に特化しており、属性・グループごとにメッセージの浸透度がわかる
  • 組織課題や情報発信後の改善度合いを可視化することができる

従業員にメッセージが伝わっているかわからない」「理念浸透・文化醸成を通して組織改善したい」といった悩みを抱える方におすすめのweb社内報ツールです。

サービスページはこちら

企業ビジョンの具体的な事例 

ここでは、企業ビジョンの浸透に成功した、2社の具体的な企業事例を紹介します。魅力的なビジョンは、多くの社員のモチベーションを向上させているようです。

  • サイバーエージェント
  • 無印良品

いずれの企業も優れた企業ビジョンを浸透させたことで、人材の持てる力を最大限に引き出し、事業成長を遂げている点が興味深いところです。企業ビジョン浸透の成功事例として、参考になるものです。

詳しくみていきましょう。

サイバーエージェント

サイバーエージェントの企業ビジョンは、「21世紀を代表する会社をつくる」というものです。進化の早いインターネット領域において、さまざまな分野に事業拡大を図り、変化対応力を磨いています。

基幹事業に加え新たな分野で多数の子会社を創業することで、社員に活躍の機会を提供し「人材力」と「技術力」を高めることに成功しています。企業ビジョンが、事業展開と人材活用のありかたに、密接にリンクした好事例といえるでしょう。

無印良品

無印良品の企業ビジョンは、「良品には、あらかじめ用意された正解はない。しかし、自ら問いかければ、無限の可能性が見えてくる」というものです。

同社は著名なデザイナーを役員に招き、ビジョン策定にあたります。その結果、接客サービスから商品にいたるまで「無印らしさ」が統一された世界観を構築しました。流行にとらわれないシンプルなアイテムや無印らしい店構え・接客が確立され、ブランドとしての独自性を広く社会に認知させるにいたっています。ビジョンの浸透により、ブランディングに成功した好事例といえるでしょう。

あわせて読みたい
経営理念の事例14選・作成メリット・業界別の比較・各社の特徴 経営理念の作成を検討する際には、他社の経営理念がどのようなものかを知ることで、表現やワーディング・方向性などの参考になることも多々あります。 今回は、経営理念...

ビジョンで企業の将来を明確に

将来のビジョンを明確に示し、社員のエンゲージメントを高めることは、企業が発展していくためには欠かせない要素です。

ビジョンは策定するよりも、浸透させ実践につなげることのほうが難しいものです。多くの社員に正しく伝え、共感を集めることがビジョン浸透の第一歩となるでしょう。

そのためにもWeb社内報をはじめとした、社内広報の取り組みが欠かせません。導入を検討してみてはいかがでしょうか。

社内コミュニケーションでお困りごとはありませんか?

効果の見えづらい社内施策にお困りではありませんか?

ourly(アワリー)は、従業員の組織関心度を可視化できるweb社内報CMSです。
データを基に、理念や企業文化の浸透を着実に実現します。

ourly ボトムバナー

予約受付中のイベント

ourly ボトムバナー セミナー

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

masayuki yamamotoのアバター masayuki yamamoto ライター

ライター。大手小売チェーンにて、店舗マネジメントを経て人事部門を経験。新卒・中途採用では年間1000人以上の応募者に対応。
そのほか教育研修や労務管理、人事制度構築や労務トラブル解決など、人事全般のさまざまな業務経験あり。
豊富な実務経験をもとに人事系の記事を中心に執筆活動をおこなう。

目次
閉じる